辛坊治郎氏ついに出航!太平洋単独横断、出発直前の“失礼な質問”にも余裕の返答、再挑戦の意気込みと心境を語る

提供写真①
 

ニュースキャスター・ジャーナリストの辛坊治郎さんが9日午前9時、ヨットでの太平洋単独横断を目指して大阪・淡輪港から出航しました。2013年以来、2度目の挑戦となる辛坊さん、出航直前の午前8時頃から、まぐまぐ!Liveでファンとメディア関係者に向けて意気込みや心境を語りました。

辛坊治郎さんのメルマガ詳細・ご登録はコチラ

辛坊治郎さんが太平洋単独横断を目指して出航

65回目の誕生日を迎える4月11日が出航予定とされていましたが、その日は日曜日ということもあり大混乱が予想されるため、天気も良い9日を選んだという辛坊さん。

意気込みを尋ねられると、「そのうちつくでしょう!ペースではない。食料は十分にありますから」と笑みを浮かべながら話しました。

提供写真②

辛坊さんは自身のメルマガ『辛坊治郎メールマガジン』の中で、船内に積み上げられた食品は、大塚製薬とマロニーからの提供品に加えて、ニッポン放送などの番組関係者の差し入れ、さらに自身で近所のスーパーで買った嗜好品など数百点に及ぶことを明かしています。

辛坊さんは「搭載品のリストを作ってカロリー計算をすると、おそらく一年くらい漂流しても餓死する心配はなさそうです。皆さん、私が北太平洋で行方をくらましても死んだとは限りませんよ。希望を捨てないでくださいね(笑)」と語りました。

辛坊さん_準備①

出発前日の夕食は「船を買ったときから付き合っているクルージング仲間に鳥を焼いてもらいました」と、船内でとったことを明かした辛坊さん。

というのも、辛坊さんは8日午後4時に停泊中のヨットの上で出国手続きをしましたが、その後はヨットの中から出ることができない決まりだといいます。実際の出航は9日午前9時でしたが、すでに辛坊さんの旅はスタートしていたんですね。

辛坊さん_準備②

辛坊治郎さんのメルマガ詳細・ご登録はコチラ

65歳で挑む「男のロマン」

約2カ月にも及ぶヨットの旅へと出発した辛坊さん。さぞ緊張しているかと思いきや、その表情は終始笑顔。集まったメディアからのインタビューにも冗談で返答する余裕ぶりでした。

──思い残すことは?

「その質問は変でしょ(笑)」

──最後にひとことお願いします。

「最後っていうな!(笑) 多分帰ってくると思います」

また、日本を離れることについても、「全然気にしていない。自分のことでていっぱい」とし、「(2カ月間)やることがやまほどある」と語りました。

辛坊さん_出航②

なるべく大勢の人が集まらないようにと予定よりも出発日を早め、万全の体制で臨んだ辛坊さん。握手を求められると、「これで感染せんやろな?」と笑いながら心配していました。

当初はハーバーからは地元の花火師が花火を上げて、盛大に出航を祝う企画も提案されたといいますが、コロナ禍であることを考慮し、家族に見送られることもなく、静かな出発となりました。

まぐまぐ!Live中にはファンの方からもたくさんのコメントをいただきました。一部抜粋してご紹介させていただきます!

「ご無事で!ではまた!楽しんで来てください。のんびり待ってます」

「気をつけて行ってきてくださいね。応援しています!」

「良い船出です!」

「お気をつけて!心から応援しています!」

「実にアッサリ行ってしまった…」

2カ月間にも及ぶ、ヨットでの太平洋単独横断はどんな旅になるのでしょうか。辛坊さんのご健闘をお祈りします!

辛坊治郎さんのメルマガ詳細・ご登録はコチラ

image by: 辛坊氏提供

辛坊治郎この著者の記事一覧

辛坊治郎流ジャーナリズムの基本、「FACT FACT FACT」をキーワードに、テレビや新聞では様々な事情によりお伝えしきれなかった「真実」を皆様にお伝えします。その「真実」を元に、辛坊治郎独自の切り口で様々な物の見方を提示していきたいと考えています。
太平洋横断中は衛星電話をつなぎ、航海日誌をお届けします。船上での出来事や現在地など、ここでしか読めない情報をお楽しみください。過去に出演した番組の話やプレゼント企画も行います。

有料メルマガ好評配信中

  初月無料お試し登録はこちらから  

この記事が気に入ったら登録!しよう 『 辛坊治郎メールマガジン 』

【著者】 辛坊治郎 【月額】 ¥330/月(税込) 初月無料! 【発行周期】 毎週 金曜日 発行予定

print
いま読まれてます

  • 辛坊治郎氏ついに出航!太平洋単独横断、出発直前の“失礼な質問”にも余裕の返答、再挑戦の意気込みと心境を語る
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け