近藤真彦は“不倫継続中”の愚か者。5000万円捨てても「別れたくない」、ジャニーズ退所の呆れた理由に東山紀之も激怒

2021.05.10
34
by tututu
近藤真彦
 

4月30日をもってジャニーズ事務所を退所した「マッチ」こと近藤真彦(56)。昨年11月、25歳年下の女性社長との5年に及ぶ不倫が報じられ、芸能活動を自粛していた近藤だが、なぜ周囲が驚くほど突然の退所となったのか。そこには近藤の“ケジメ”られない不倫相手に対する強い執着があった。

マッチは不倫継続中の“ケジメ”られないゲス男

1977年に故ジャニー喜多川氏からスカウトされる形で事務所入りした近藤真彦。それから40年以上に渡りジャニーズ事務所の顔として活躍してきたが、その去り際はあまりにもあっけないものだった。

「近藤真彦に関するご報告」と題されたメッセージが突然ジャニーズ事務所の公式サイトに掲載されたのは先月30日。「(近藤真彦は)新たな道へと進みますことをご報告申し上げます」と発表された。

【関連】北川景子にとって篠原涼子は“邪魔な存在”。杏や佐々木希の没落で空いた女王のイス、『リコカツ』不調も存在感アピール

また、近藤からの言葉として、「事務所との話し合いの結果、僕の新しい旅立ちを理解していただき、40年以上お世話になったジャニーズ事務所を退所させていただく事になりました」と報告した。

ジャニーズ事務所に近藤が退所を申し入れたのは4月の中旬だとされ、わずか2週間で近藤は事務所を去ることになった。どうやらこのあまりにも不可解すぎる電撃退所には信じられない理由があったようだ。

リアルライブによると、近藤は報道された女性と不倫関係を継続しており、芸能活動復帰にあたり、事務所から別れることを条件として突きつけられたという。

しかし、近藤はこれを拒否。逆ギレするような形で、「事務所を辞める」と言い出したとされている。

アラ還にもなろうという男が25歳も年下の女性と5年にもわたって不倫。活動自粛に追い込まれたにもかかわらず、それでも女性とは別れないと駄々をこねた。

「ホレたぜ!乾杯」といったところのようだが、近藤はいつまでもやんちゃな性格が治らない、困った“長男”だったのだ。

【関連】広瀬すず、中川大志と“逆ギレ”電撃婚か。橋本環奈投入も『ネメシス』大爆死、低視聴率の責任負わされ女優生命の危機

東山紀之がマッチに激怒した納得の理由

事務所の大先輩である近藤が決断した突然の退所。それに困ったのはジャニーズの後輩たちである。

TOKIOの城島茂(50)は1日、自身がMCを務める『週刊ニュースリーダー』(テレビ朝日系)に出演。近藤に対してコメントしないわけにはいかず、「先輩の出した決断に対して、僕たち後輩も尊重したいなと思っております」と、苦し紛れのエールを送った。

そんな城島とは対照的な反応を見せたのが、ジャニーズ事務所のナンバー2、少年隊の東山紀之だ。

東山は2日放送の『サンデーLIVE!!』(テレビ朝日系)の中で、「今回の退所の仕方っていうことに、大きな疑問が残っている」としたうえで、「自分を犠牲にしてきたスタッフの思いを、マッチさんはどう受け止めるのか」、「退所のコメントでもすごく薄っぺらく感じる」などと発言。

険しい表情を浮かべながら、先輩である近藤を痛烈に批判。関係者を驚かせた。ジャニーズ事情に詳しい週刊誌の記者は次のように語る。

「東山さんは近藤さんの“本当の退所の理由”を知っていたということでしょう。不倫関係を継続させるために事務所を捨てた先輩を許せなかったに違いありません。それなら辛辣コメントをした東山さんの態度も納得できます」

身勝手な長男に怒っているのは東山だけではない。

「事務所の幹部たちも呆れているようです。その証拠に、近藤さんの退所について、ジャニーズと親しい芸能レポーターまでもが厳しいコメントを出すなど、事務所“公認”の批判となりました。間接的にジャニーズ事務所が近藤さんに苦言を呈しているわけです」(前出・芸能記者)

【関連】紗栄子が17歳少年にわいせつ行為!? 未成年男児との「淫行疑惑」浮上、禁断のショタコン愛で魔性ぶり発揮か

不倫問題を“ケジメ”られない近藤に誰もが怒りを覚えている。

print
いま読まれてます

  • 近藤真彦は“不倫継続中”の愚か者。5000万円捨てても「別れたくない」、ジャニーズ退所の呆れた理由に東山紀之も激怒
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け