スギ薬局の“不買運動”始まる。西尾市が会長夫妻のワクチン予約を優先確保、市民犠牲の「上級市民」優遇に批判殺到

2021.05.12
265
by tututu
スギ薬局②
 

愛知県西尾市が新型コロナウイルスのワクチン接種に関し、スギ薬局などを展開するドラッグストア大手「スギホールディングス(HD)」の杉浦広一会長(70)と昭子相談役(67)夫妻に優先的に便宜を図った問題が波紋を広げている。スギHDはおわびのコメントを発表したが批判が殺到し、不買運動につながる動きを見せている。

スギ薬局の会長夫妻にワクチン接種で西尾市が便宜

市によると、4月中旬に同社の秘書から接種を担当する健康課に「会長夫妻を高齢者入所施設の枠で受けさせてほしい」との要請があったという。

担当者は断ったがその後も繰り返し要請され、健康福祉部長が近藤芳英副市長に相談。副市長は同社が市への寄付などで多大な貢献をしている見返りとして予約を優先的に受け付けるよう指示し、5月10日に開始した高齢者向け集団接種の接種券を確保した。

この問題は地元紙が11日朝刊でスクープしたが、同紙が10日に市に問題を指摘すると、市は慌てて杉浦夫妻の予約を取り消した。市からそのことを告げられた時、すでに杉浦夫妻は接種場所に向かっている最中だったという。

市は同社の秘書から、通常の働きかけより強い圧力、プレッシャーをかけられたというが、スギHDは「社員が何度か問い合わせをしたのは事実だが、便宜を図ってほしいとお願いした認識はない」としている。

一連の騒動を受け、スギHDは自社のホームページに経緯を発表。「日夜尽力されている全国の行政の方々の努力に水を差す結果となってしまったことに深くお詫び申し上げます」と謝罪したものの、「会長杉浦自身は過去にアナフィラキシーショックを経験しており、ワクチン接種は希望しておりません」とコメントした。

【関連】京大教授が猛批判。緊急事態宣言の延長で「重症患者が逆に増える」不条理

苦しすぎる言い訳にスギ薬局の不買運動始まる

あってはならないワクチン接種に対する自治体の便宜。河野太郎ワクチン担当相も「みんなが順番に打てばスムーズにできる。何かを確保する必要はまったくない」と厳しく批判した。

大きな騒動となってしまった今回の一件だが、西尾市の発表とスギHD側の見解には多くの食い違いがある。

食い違い①杉浦会長のワクチン接種の意思

市は同社の秘書から「会長が接種を楽しみにしている」などと言われたことを明らかにし、相談や要請の域をはるかに超えたものと認識。

一方、スギHD側は杉浦会長は過去にアナフィラキシーショックを経験したことから、ワクチン接種は望んでいなかったとしたが、もしこれが事実なら秘書は会長をアナフィラキシーのリスクに“晒そうとした”ことになる。

食い違い②当日の杉浦会長の行動

内部からのリークにより、近藤副市長が慌てて接種当日に電話で杉浦夫妻に事情を説明。この時、夫妻は接種会場に向かう途中だった。

一方、スギHD側は妻の付き添いで同行していただけで、杉浦会長自身の予約の事実は知らなかったとしている。

徐々に詳細が明らかになってきたが、両社のコメントを見てみると、スギHD側の見解は明らかに苦しいと言わざるを得ない。

【関連】菅首相が招く「五輪地獄」の悪循環。ことごとく外れる希望的観測

ネットでは「全部秘書のせいにして政治家とまったく一緒」「じゃあスギ薬局のレジに並ばないで横入りしていいってことだね」「やっていることは脅しそのもの」「西尾市にも上級国民がいた」など、批判の声が高まっている。

スギ薬局ではもう買わないと意思表示をする人たちも現れ、不買運動が起きる可能性も懸念されている。

print
いま読まれてます

  • スギ薬局の“不買運動”始まる。西尾市が会長夫妻のワクチン予約を優先確保、市民犠牲の「上級市民」優遇に批判殺到
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け