竹野内豊、5億円豪邸で“嫁いらず”な生活。『イチケイのカラス』絶好調の裏で貫く独身貴族、佐々木蔵之介との対決も

2021.06.14
64
by tututu
竹野内豊
 

俳優の竹野内豊(50)が主演するドラマ『イチケイのカラス』(フジテレビ系)が高視聴率をキープしたまま、14日で最終回を迎える。ここのところフジテレビの月9ドラマは二桁視聴率が続いているが、竹野内も面目躍如。しかも、最終回には同じ“独身貴族”である佐々木蔵之介(53)がゲスト出演することで話題となっている。

竹野内豊主演ドラマ『イチケイのカラス』が絶好調

初回視聴率13.9%と好スタートを切ったドラマ『イチケイのカラス』。多少の数字の変動はあるものの、その後も好調を維持し続け、10話まで終えた平均視聴率は12.4%と絶好調。

放送開始当初は“HEROの裁判官バージョン”などと揶揄されたこともあったが、今回の春ドラマでは阿部寛主演『ドラゴン桜』(TBS系)に次ぐ高視聴率を獲得している。

クランクアップを迎えた竹野内は「このコロナ禍で5カ月間、長くて過酷な撮影期間ではありましたけれども、皆さんと一緒に無事この日を迎えることができてほっとしています」と語った。

同作は竹野内が演じる東京地方裁判所第3支部第1刑事部(通称:イチケイ)の刑事裁判官・入間みちおと、彼に振り回されながらも真実をつかもうと奔走するイチケイメンバーの活躍を描くリーガルドラマ。

これまでワイルドなイメージが強かった竹野内だが、今作ではコミカルな一面を見せるなど、月9らしからぬ作りでも話題となった。

【関連】向井理は性格悪すぎの“嫌われ者”?上から目線の俺様ぶりで俳優生命の危機、若手の台頭に焦ってキャラ変か

両親にプレゼントしたという“5億円の豪邸”

『イチケイのカラス』だけではなく、現在は『連続ドラマW 東野圭吾「さまよう刃」』(WOWOW)でも主演を務めている竹野内。

まさに大忙しといったところだが、私生活に関してはかなり地味。新型コロナウイルスの影響もあり、外へ出掛けることは滅多になく、インドアな暮らしをしているという。

そんな竹野内だが、自宅から程近くにある実家には頻繁に足を向けているようだ。

6月24日号の女性セブンによると、都内の高級住宅地に建つ実家は竹野内が両親にプレゼントしたもので何と推定5億円。3階建ての大豪邸だと報じている。

竹野内は出演したテレビ番組やイベントなどで、事あるごとに“家族の大切さ”を語っている。

「今の自分があるのも、母と姉が勝手に雑誌社に写真を送ったことがきっかけ。今でも時には厳しい意見を容赦なく言われる。そういうことも思い出に残るし、ありがたい」

【関連】山寺宏一“20代女性食い”精力絶倫の秘訣とは?岡田ロビン翔子と31歳年の差婚、「妻40歳で放流」を心配する声も

忙しいドラマ撮影の合間を縫って駆けつける大切な母のもと。ワイルドイメージな竹野内だが、実はとても心優しい男なのだ。

print
いま読まれてます

  • 竹野内豊、5億円豪邸で“嫁いらず”な生活。『イチケイのカラス』絶好調の裏で貫く独身貴族、佐々木蔵之介との対決も
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け