作曲家の小林亜星さん(88)死去。「この木なんの木」多数の大ヒットCM曲、芸能界から悲しみの声続出

2021.06.14
4
by tututu
shutterstock_1563644542
 

「北の宿から」などで知られる作曲家で、ドラマ「寺内貫太郎一家」の主演でも親しまれた小林亜星さんが5月30日、心不全のため東京都内の病院で死去ていたことがわかった。所属事務所などが14日、明らかにした。88歳。共同通信などが報じた。すでに葬儀などは済ませており、お別れの会なども予定していないという。

大ヒット曲多数 作曲家の小林亜星さんが死去

小林さんは東京生まれで、慶應義塾大学を卒業後にサラリーマン生活を経て、作曲家の服部正さんに師事。数千曲ともいわれるCMソングを作曲した。

1961年、レナウンのCMソング「ワンサカ娘」が出世作となり、以来、サントリーの「夜がくる」や明治製菓の「明治チェルシーの唄」、日立の「日立の樹(この木なんの木)」など、親しみやすいメロディーで多くのヒット曲を生んだ。

また、「魔法使いサリーのうた」「ひみつのアッコちゃん」など人気アニメソングも多数作曲。

俳優としても活躍し、向田邦子さん脚本のドラマ『寺内貫太郎一家』で演じた主人公・貫太郎の頑固おやじぶりが国民的人気を集めた。

所属事務所によると、小林さんは5月30日の早朝、自宅で転倒した姿で見つかり、緊急搬送されたものの、心不全で帰らぬ人となったという。

Twitterの反応

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。

image by : shutterstock

print
いま読まれてます

  • 作曲家の小林亜星さん(88)死去。「この木なんの木」多数の大ヒットCM曲、芸能界から悲しみの声続出
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け