菅田将暉と小松菜奈、同棲発覚も「結婚はない」のナゼ?業界屈指の“共演者キラー”ぶりがアダ、浮気警戒で遠のくゴールイン

2021.06.17
144
by tututu
 

「共演者キラーが結婚の障害になる」その理由とは?

同世代の中では誰もが認めるトップ俳優である菅田将暉。若手俳優の中でも屈指のプレイボーイとしても知られている。

カメレオン俳優ともいわれる類まれな演技力、仕事に対してのストイックさ、そしてここぞと繰り出す“関西弁”で女性をメロメロにしてしまう菅田。また、私服のセンスはぶっとんでおり、おしゃれで個性的な一面も女性を惹き付ける。

そんな菅田はこれまでに数々の女優と噂された“共演者キラー”。

実際にどこまで関係があったかは定かではないが、過去には二階堂ふみ(26)や本田翼(28)、菜々緒(32)、堀田茜(28)、新川優愛(27)など錚々たるメンバーとの熱愛を報じられてきた。

【関連】竹野内豊、5億円豪邸で“嫁いらず”な生活。『イチケイのカラス』絶好調の裏で貫く独身貴族、佐々木蔵之介との対決も

現在もドラマで共演中の有村架純(28)との噂が立ってしまうほど、共演した女性には強い。

芸能事情に詳しい週刊誌の記者は次のように語る。

「女優さんが所属する事務所は共演者が菅田さんだと用心深くなるといいます。もちろん菅田さんが誰彼構わず手を出すということはありませんが、それだけ相手の女優さんも菅田さんの魅力に惹かれてしまうということです。そうした菅田さんのモテぶりを小松さんは心配しているとみられます。共演者キラーのような噂めいたものが消えないと、同棲したとはいえ結婚はないかもしれません」

今回、同棲報道が出た小松菜奈は菅田と3回共演している。それだけに小松自身、菅田がどれだけ共演女優にモテるかは十分知っている。

もし、小松が菅田の浮気を疑うことになっても仕方がないといえそうだ。

【関連】山寺宏一“20代女性食い”精力絶倫の秘訣とは?岡田ロビン翔子と31歳年の差婚、「妻40歳で放流」を心配する声も

松坂桃李と星野源に感化された菅田将暉

共演者キラーと呼ばれる菅田将暉。アラサーに差し掛かってきたとはいえまだ28歳。世間一般の男性からすれば、まだ遊びたいと思う年齢である。

しかし、小松からの信頼を得るために、モテまくりの輝かしい時間を過ごしてきた自分とおさらばすることはできるのか?

そんな菅田が最近影響を受けたとされる2人の先輩がいる。

1人は事務所の先輩でもあり、「長男・中村倫也、次男・松坂、三男・菅田」の事務所三兄弟といわれるほど関係性の深い松坂桃李(32)だ。

松坂は昨年の12月に女優の戸田恵梨香(32)と結婚。30歳を超え、男としてきちんと責任を果たした。

松坂に対する世間の評価は高く、その後の仕事も順調。身近な先輩が新たなステージに上がったことで、菅田も結婚を意識するようになってもおかしくはない。

そして、もう一人は星野源(40)。新垣結衣(33)との結婚が発表された時、ドラマ撮影中に報道で知った菅田は慌てふためいたことを自身のラジオで明かしている。

【関連】向井理は性格悪すぎの“嫌われ者”?上から目線の俺様ぶりで俳優生命の危機、若手の台頭に焦ってキャラ変か

もしかしたら、菅田も松坂の結婚で同棲を決意し、星野の結婚で自信も身を固めようと決めたのかもしれない。共演者キラーという“汚名”を捨て、菅田も男として重大な決意をする日もそう遠くはなさそうだ。

print
いま読まれてます

  • 菅田将暉と小松菜奈、同棲発覚も「結婚はない」のナゼ?業界屈指の“共演者キラー”ぶりがアダ、浮気警戒で遠のくゴールイン
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け