【菊花賞】3枠5番レッドジェネシス“打倒ステラ”で菊戴冠へ。穴狙いならヴィクティファルス、伏兵モンテディオに大駆けの可能性

2021.10.22
11
by qualia(まぐまぐ編集部)
shutterstock_657084049
 

G1皐月賞、G1東京優駿(日本ダービー)に続き、クラシック三冠の第3戦目として位置づけられているG1菊花賞が10月24日(日)に開催される。

3歳馬にとっては初めての芝3000mという長丁場で行われるため、古くから「最も強い馬が勝つ」と称されてきたように、ごまかしが利かない底力を問われる一戦として周知されている。

昨年はコントレイルが日本競馬史上8頭目となるクラシック三冠を達成しており、それが無敗となれば1984年シンボリルドルフ、2005年ディープインパクトに次ぐ3頭目の快挙だった。なお、今年は京都競馬場の改修工事に伴い、菊花賞は42年ぶりに阪神競馬場で開催されることになる。

神戸新聞杯組は着順に注目?所属別でも明暗が分かれる

まず、菊花賞を予想するうえで欠かせないのが、トライアルレースとしての役割も担うG2神戸新聞杯に出走していた馬たちだろう。

過去10年で8頭もの勝ち馬を出しているだけでなく、別路線組が勝利した2015年と2018年においても2着には神戸新聞杯に出走していた馬が入線しており、少なからず1頭以上が毎年馬券に絡む活躍を見せている。ただし、神戸新聞杯での着順には気を配る必要があり、1~3着「8-5-2-11」4着以下「0-0-2-38」と4着以下に敗れていた馬は菊花賞で連対できていない(以下、文中のデータはいずれも過去10年)。

また、調教師の所属別でも明暗が分かれており、栗東(関西馬)「9-10-8-104」美浦(関東馬)「1-0-2-46」、と好走馬の大半を栗東所属の関西馬が占めている。

ちなみに、美浦所属の関東馬として好走した2014年3着ゴールドアクター、2018年1着フィエールマン、2020年3着サトノフラッグの3頭においては、いずれも前走で1番人気の支持を集めていた。前走で2番人気以下に留まっていた関東馬は「0-0-0-36」と好走例がなく、このなかにG2セントライト記念の勝ち馬4頭なども含まれていることを考えると、やはり静観が妥当と言わざるを得ないだろう。

ステラヴェローチェ“以外”に馬券妙味

神戸新聞杯組で狙ってみたいのは(5)レッドジェネシス。その父ディープインパクトは菊花賞で4頭の勝ち馬を出しており、目下3連覇中と勢いにも目を見張るものがある。管理する友道康夫調教師も「1-2-2-7」と好成績を残しており、2019年の勝ち馬ワールドプレミアはもちろん、2017年3着ポポカテペトル(13番人気)、2018年3着ユーキャンスマイル(10番人気)といった二桁人気馬での激走実績も持つ。

(3)タイトルホルダーは2019年菊花賞で牝馬ながらに12番人気5着と健闘したメロディーレーンの半弟にあたる血統。母メーヴェも牡馬を相手に芝2600mの2012年丹頂ステークスを勝つなど芝の長距離レースで存在感を示した実績があり、このファミリーは長丁場のスタミナ勝負でこそ真価を発揮するところがある。前走朝日杯セントライト記念では1番人気を裏切るかたちになってしまったが、皐月賞2着の実績などを考慮しても巻き返す余地は十分にあるはず。

ほか、皐月賞と東京優駿(日本ダービー)で3着と好走してきた(14)ステラヴェローチェも上位人気と目されて当然の存在。好相性を示す神戸新聞杯で3着の(10)モンテディオ、G3共同通信杯ではのちのG1馬2頭の間に割って入った実績が光る(17)ヴィクティファルスも侮れない。

菊花賞 出馬表

10月24日(日) 4回阪神6日目 発走時刻:15時40分 3歳 オープン(国際)牡牝(指定) 馬齢 コース:3000m(芝・右)

出馬表

今年は皐月賞を勝ったエフフォーリア、東京優駿(日本ダービー)を勝ったシャフリヤールの2頭が不在で混戦模様を呈するが、果たして最後の一冠は誰が手にすることになるのだろうか。

菊花賞の結論は?まぐまぐナンバーワン競馬メルマガ

shitumon
【TAROの競馬】回収率向上のための競馬ノート
https://www.mag2.com/m/0001479990
¥1,650/月(税込)

最近では、セントライト記念の9番人気アサマノイタズラや、新潟記念の12番人気マイネルファンロンをみごと的中!

数ある競馬メルマガのなかで絶大な支持を集める『【TAROの競馬】回収率向上のための競馬ノート』は、ユニークな語り口と大一番での穴馬の爆発力が人気の秘密。まぐまぐ大賞上位受賞の常連で、2020年には「趣味・娯楽」部門1位に輝くなど、まぐまぐ有料版競馬系メルマガ読者数ナンバー1を誇るメルマガです。

中2のころからネット掲示板で予想を公開していた著者のTAROさんは、月平均100万PVの人気ブログ『TAROの競馬』を運営する傍ら、著書『競馬記者では絶対に書けない騎手の取扱説明書』など競馬に関する書籍も出版し、活動の場を広げています。

メルマガは、土・日の朝に当日の重賞レース・勝負馬&勝負レースの予想を配信するほか、平日も重賞回顧や週末の結果報告を配信する「回顧版1」、重賞以外のレース回顧と次走狙い馬&穴注目馬など「回顧版2」、Q&A、その他の企画、週末の配信予定等のお知らせを配信する「回顧版3」など内容充実。この秋のGIシリーズ、TAROさん渾身の予想を手に入れてみませんか?

ステラヴェローチェに死角あり!?

『TAROの競馬』メルマガ詳細・ご登録はコチラ

10月中は何誌読んでもゼロ円!初月無料の競馬メルマガで菊花賞を予想しよう

笠の血統批評と全馬の「軸馬指数」
https://www.mag2.com/m/0001584312
血統論をはじめとして、距離適性、レイティング、能力指数など、あらゆる手法で予想をするメルマガ。著者は競馬専門紙で執筆し競馬歴も長い。
¥500/月(税込) ※初月無料!

競馬はオトナの推理ゲーム「JENOMIX ★ GUIDANCE」
https://www.mag2.com/m/P0000296
独自のセオリー(サイン・手法)を組み込んだ予想法。20年近く発行する老舗メルマガでファンも多い。
¥1,430/月(税込) ※初月無料!

百戦危うからず【勝ち馬馬券】
https://www.mag2.com/m/0001673304
南関東競馬中心の予想だが、中央競馬の重賞レースの予想をすることも。馬の力・真の能力を把握し馬券的中を狙う。
¥1,540/月(税込) ※初月無料!

田中洋平メルマガ「グレードマスター」
https://www.mag2.com/m/0001681807
日刊コンピの革命家、田中洋平氏がオープンレース、重賞レースの出走馬を独自の目線でランク分け。回収率向上を目指すメルマガです。
¥440/月(税込) ※初月無料!

1日1勝で十分!単複馬券予想メルマガ
https://www.mag2.com/m/0001367072
1日3レース前後の単複勝負レース予想を配信。一番的中率の高い単複馬券で、どのような資金配分で購入すれば儲かるのかを考えた買い方。
¥3,122/月(税込) ※初月無料!

デイリー馬三郎<36>予想
https://www.mag2.com/m/P0000149
競馬新聞「馬三郎」のデータを基に、中央競馬全レースの出馬表、展開予想と本紙予想・見解。競馬新聞に慣れてる人におすすめ!
¥550/月(税込) ※初月無料!

OLだけど本気で競馬をやっているのブログのメールマガジン
https://www.mag2.com/m/0001238934
騎手で予想することの多いメルマガ。ブログのような感覚で読めます。
¥1,100/月(税込) ※初月無料!

年間プラス収支を目指す競馬予想 有料版
https://www.mag2.com/m/P0006791
重賞レースを中心に予想。自信度別に勝負レースから的中期待レースまで別れており、馬券の買い方も参考になります。
¥5,500/月(税込) ※初月無料!

馬連で勝負!オッズは2番人気から!
https://www.mag2.com/m/0001693930
人気・脚質・枠順などの過去のデータを駆使し、勝率・連対率から予想するメルマガ。
¥2,200/月(税込) ※初月無料!

杉本清のメルマガだから言える競馬のお話
https://www.mag2.com/m/0001111783
競馬歴半世紀にもなるフリーアナウンサー杉本清氏と、21年連れ添うマネージャーが予想するメルマガ。実況が聞こえてきそうです。
¥880/月(税込) ※初月無料!

スポニチで当てる「今日の一鞍」
https://www.mag2.com/m/0001043061
スポニチ予想記者の予想をベースに、馬単で的中率50%、回収率120%の可能なレースで勝負するメルマガ。秋華賞も単勝・馬単が的中!
¥880/月(税込) ※初月無料!

image by: shutterstock.com

print

  • 【菊花賞】3枠5番レッドジェネシス“打倒ステラ”で菊戴冠へ。穴狙いならヴィクティファルス、伏兵モンテディオに大駆けの可能性
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け