漫画家・江口寿史、SNSの「おじいちゃんなのに…」投稿へ“シティ・ポップで反論”のナゼ?

2021.10.21
184
by gyouza(まぐまぐ編集部)
shutterstock_1879244155
 

「すすめ!!パイレーツ」や「ストップ!! ひばりくん!」で知られる、漫画家の江口寿史(65)さんが、Twitterに投稿された「(江口さんは)おじいちゃんなのに可愛い女の子描く」というつぶやきに反論したことがネット上で話題となっている。

江口さんは19日、あるTwitterユーザーからの「江口寿史って人のイラストかわいいな。本人おじいちゃんなのに可愛い女の子描く」というつぶやきに反応。そして、「あのね、おじいちゃんなのに、じゃないんだよ。この歳になってからこんな絵描きだしたわけじゃないし。おれは20代からずーっと同じことを続けてるだけ。」と、21歳でデビューしてから現在の65歳になるまで「漫画家・江口寿史」を続けてきただけだと反論した。

さらに江口さんは、その事例として「ここで一緒に語るのは畏れ多いけど、細野晴臣や山下達郎や矢野顕子はいまだに細野晴臣で山下達郎で矢野顕子で、おじいちゃんやおばあちゃんがこんな音楽を、とは全然思わないね。」と、近年、海外で「シティ・ポップ」という名で呼ばれている、70〜80年代に日本で発表された「海外のカルチャーに憧れを抱き、都会やリゾートでのライフスタイルを求める若者文化を背景にして生まれた和製ポップス」の音楽家たちを(畏れ多いと前置きしながら)引き合いに出して、作品に年齢は関係ないことを強調してみせた。

そこで気になるのが、なぜ江口さんが、他の漫画家ではなく、あえて細野晴臣や山下達郎や矢野顕子など「シティ・ポップ」の音楽家たちを引き合いに出して反論したのか、だ。

【関連】シティ・ポップの空を翔ける“一羽の鳥” 〜作曲家・滝沢洋一が北野武らに遺した名曲と音楽活動の全貌を家族やミュージシャン仲間たちが証言。その知られざる生い立ちと偉大な功績の数々

print
いま読まれてます

  • 漫画家・江口寿史、SNSの「おじいちゃんなのに…」投稿へ“シティ・ポップで反論”のナゼ?
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け