篠原涼子と長谷川京子が激しい“濡れ場対決”!? 「不倫いわくつき」女優たちの過激な肉食ぶりで増すリアルな背徳感

2021.11.04
495
by tututu
篠原涼子&長谷川京子②
 

女優の篠原涼子(48)が主演を務めることで注目を集めている、2022年配信予定のNetflixオリジナルドラマ『金魚妻』。予告映像が先日公開されたばかりだが、その激しすぎる内容が話題となっている。一方、この不倫ドラマの“絶妙”なキャスティングにはある裏事情があったのではとみられている。

篠原涼子が主演する不倫ドラマ『金魚妻』が話題騒然

同作は禁断の不貞愛をテーマにした同名漫画が原作で、ファンの間では激しい愛欲行為の描写もあることで知られている。一線を越えて不倫にハマる妻たちを描く“大人のドラマ”で、篠原は夫からのDVやモラハラに苦しむ女性・さくらを熱演する。

今年7月に俳優の市村正親(72)と離婚したばかりの篠原がこのタイミングで不倫モノの主演を務めるだけで注目だが、それに加え追加キャストで長谷川京子(43)が出演することも発表されたばかり。

長谷川は篠原演じるさくらに対して挑戦的な箱崎ゆり葉役を演じることが明らかになっている。

配信はまだまだ先にも関わらず、この“絶妙”なキャスティングで早くも話題沸騰な『金魚妻』。この驚くようなキャスティングを可能にした背景にはある裏事情があるようだ。

【関連】木村拓哉、工藤静香の暴走にドン引きか。独立問題の決着は来年6月?急浮上してきた“第3の選択肢”とは

キャスティングで“いわくつき”女優を狙い撃ちか

篠原涼子に長谷川京子…不倫を題材にしたドラマとすれば、こんなタイムリーな出演者はなかなかいない。なぜ『金魚妻』はここまで“いわくつき”な女優陣が集まったのだろうか。

「篠原さんが市村さんと離婚をしたのは今年7月ですが、篠原さん主演でドラマ化することは昨年12月の時点で発表されていました。ドラマの制作チームは離婚前から『篠原涼子で不倫モノ』と目を付けていたわけです。篠原さんは江口洋介さんとの深夜デートをキャッチされたり、飲食店経営者と親密な関係にあると報じられたり、良い妻というイメージの裏でちょっと“不埒”な印象もありました」(スポーツ紙の芸能記者)

離婚直後の今年8月には週刊文春が韓国アイドルグループ「SUPERNOVA(旧・超新星)」のグァンスと篠原の熱愛疑惑を報道。

双方の事務所とも「事実無根」と交際を否定したものの、離婚直後ということもあり、篠原には「不倫していたのでは」との疑惑の目が向けられた。

しかも、グァンスは1987年生まれ、篠原涼子は1973年生まれで、2人の年の差は14歳。篠原涼子の思わぬ“肉食ぶり”が明らかになった。

「ドラマの制作スタッフは長谷川京子さんにも事前に目を付けていた可能性があります。長谷川さんと夫のポルノグラフィティ・新藤晴一さんとの別居報道が出たのは9月末。そして離婚が発表されたのは約1カ月後の10月末です。なのに、一部ではすでに10月中頃には『金魚妻』出演情報が出ていましたから、あまりにもタイミングが良すぎます。それまでの発言や行動で、長谷川さんがぴったりのキャスティングだと考えていたのではないでしょうか」(前出・芸能記者)

【関連】大野智が交際女性と既に入籍?ジャニーズ完全ノータッチで自由を謳歌、一夜限りの嵐復活さえNGなワケ

別居報道後にオファーしたのかどうかは不明だが、最初からキャスティング候補のひとりにあがっていた可能性は高い。篠原涼子といい長谷川京子といい、“いわくつき女優”が集まったことで、結果的には絶妙なキャスティングとなったことだけは間違いない。

print
いま読まれてます

  • 篠原涼子と長谷川京子が激しい“濡れ場対決”!? 「不倫いわくつき」女優たちの過激な肉食ぶりで増すリアルな背徳感
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け