なぜ「ワクチン後遺症」を国は認めないのか?長尾和宏医師が告発する免疫低下の実態

shutterstock_1767084407
 

現役医師として数多くのコロナ患者を診察するメルマガ『長尾和宏の「痛くない死に方」』の著者・長尾和宏先生。これまで100人以上の「ワクチン後遺症」に苦しむ患者さんを診ており、その症状は頭痛、めまい、吐き気、動悸やしびれから、重篤なものでは歩行障害や記憶障害にまで及ぶといいます。
これらの症状は長期間続き、日常生活に大きな影響を及ぼしますが、国は「因果関係は不明」として後遺症の存在を認めていません。長尾先生は、複数回のワクチン接種により自然免疫が明らかに低下している人がいる可能性を指摘。読者からの質問に回答する形で、「ワクチン後遺症」に関する世間の誤解と真実を解説しています。

長尾和宏(ながお・かずひろ)プロフィール:町医者、「長尾クリニック」院長。1958年香川県生まれ。高校時代に実の父親が自死をしたことをきっかけに医者を目指すことを決意し、苦学して東京医科大学に入学。学生時代に無医地区活動に邁進したことから、地域医療に目覚める。1984年、大阪大学第二内科入局。1995年、尼崎に「長尾クリニック」を開業。町医者という名前に誇りを持ち、外来と在宅医療に邁進。『平穏死10の条件』『痛くない死に方』等ベストセラー多数。

医療現場で戦う長尾和宏医師を支援!記事では紹介できない本音も聞けるメルマガの詳細・ご登録はコチラ

 

ワクチン後遺症の実態。医療現場で何が起こっているのか?

Q. 新型コロナ「ワクチン後遺症」最も重くなった場合の症状は?

長尾先生、私はワクチンに反対している公立病院の看護師のものです。先日、長尾先生も出演された「記録映像 ワクチン後遺症上映会&トークショー」に参加させていただきました。

そこでわからないことがあったので、以下教えてください。長尾先生は、コロナワクチンを何回も打った人の行きつく先は、人によっては「免疫不全症候群(AIDS)」のような状態になるかも、というお話をされたかと思います。

また、本当かどうかわかりませんが、以下のような情報もネットに出ています。

HIVを発見し、2008年にはノーベル生理学・医学賞を受賞した仏のウイルス学者、リュック・アントワーヌ・モンタニエ博士の発言。「3回目の(ワクチン)接種を受けた人は、エイズの検査を受けに行って下さい。びっくりするような結果が出るかもしれません。そうしたら、政府を訴えてください

 

ワクチン接種を完全に終えたアメリカ人、オーストラリア人、イギリス人、カナダ人、ドイツ人が後天性免疫不全症候群を発症している

そもそもで申し訳ありませんが、先生のおっしゃる「エイズ」とは、どのような症状を想定していますか? また、そうなった場合、治療は不可能ということでしょうか? 長尾先生の診られている「ワクチン後遺症」の中にもそういう状態になってしまった人はいますか?

「原因はストレス」ワクチン後遺症を認めぬ政府の欺瞞

長尾和宏先生からの回答

僕がお話ししているのは、いわゆるエイズウイルスのことではありません。免疫状態が極端に低下して感染症に弱くなっている状態のことです。エイズは、日本語では「後天性免疫不全症候群」といいます。今までは、エイズウイルスによって引き起こされる病気を指しましたが、今後はmRNAワクチンを何度も打った人の中にも「後天性免疫不全症候群」のような病態に至る人が出てくる可能性がある、というお話です。

HIVによるエイズは、治療薬の進歩のおかげで死なない病気になりましたが、繰り返すワクチン接種(V)によって引き起こされる免疫不全、つまりVエイズ(VAIDS)は、病態が不明どころか、治療薬もありません。人によっては死に至り得る病態です。

mRNAタイプのコロナワクチンを打つと、コロナに対する抗体が一瞬、何十倍にも上がります。しかし、生体全体として、それはどんな衝撃なのか。強烈な新型ミサイルを打たれたのと同じことです。

生まれてからずっと恒常性を維持していた免疫システムはビックリします。そして大きく乱れます。いずれは「縮んで」「壊れて」いきます。

自然免疫の指標であるNK細胞活性は動物実験では3分の1に低下する、という報告があります。それを免疫システムが「侵食」される、という表現をします。

免疫システムが、「侵食」→「萎縮」→「不全」という経過を辿るのです。ただし、mRNAワクチンを打った人全員がそうなるわけではないでしょう。解毒できる体力のある人は大丈夫だと思います。

しかし、解毒力が低下した虚弱高齢者など一部の人は、まるで、身体の中が激しい砲撃を受けたあとのウクライナの街並みのように、高度な免疫システムが荒廃して、やがて機能を失ってしまう人がいるのではないか。

帯状疱疹や、結核や誤嚥性肺炎の急激な増加は、コロナ禍の自粛ストレスによる免疫能低下だけではありません。mRNAワクチンの頻回接種による免疫能の低下が関与している可能性が大いにあると考えます。心不全や自己免疫疾患の増加も同様です。2021年の「超過死亡7万人」はその証左になる、という指摘もあります。

先の講演の後でも、長尾クリニックで診ているワクチン後遺症患者さんは増え続けています。4月5日時点で、106人います。それ以外にも、因果関係が疑われる人が沢山います。国民の8~9割がワクチンを打ったからには、今後の医療において初診の患者さんの問診は、「ワクチン接種歴」を聴くことから始めないといけません。

“その症状はワクチンのせいか、そうでないか?”

そういう視点から眺めることから始めないといけません。

つまり今回のmRNAワクチンキャンペーンは、医学における「診断学」を根底から変えてしまいました。医学・医療は、EBMからVBM(ワクチン接種歴をベースとする医療)に変革しないといけません。なのに政府は「イベントワクワク割キャンペーン」なるものを始めるようです。この軽薄あまりあるネーミングにワクチン後遺症の人は何を想うでしょうか?

あまりにも無神経すぎて、言葉もありません。

もうここまで来ると茫然、です。間違いだらけのコロナ政策10連発で、ここまで国を潰しておいて子供の未来も奪っているのだから……もはや「亡国政治」そのものです。日本国が、コロナというウイルスよりも1万倍強毒な「人間というウイルス」によって壊されてしまうように僕の目には映ります。

やっぱり、なんとか抵抗しないとね。賢いこのメルマガの読者さんには気が付いて欲しいです。同じ気持ちだけでも共有したいです。目先の「お得感」で、いたずらに免疫機能を低下させることがありませんように。

医療現場で戦う長尾和宏医師を支援!記事では紹介できない本音も聞けるメルマガの詳細・ご登録はコチラ

 

※長尾先生の有料メルマガ『長尾和宏の「痛くない死に方」』では、2月25日に参議院議員会館で行われた国会議員向けの上映会「記録映像 ワクチン後遺症」に関する情報を有料メルマガ購読者限定でお届けしています。

本当に子どもへのワクチン接種が必要なのか?そして、大人への3回目の接種は有効なのか?メディアがあまり報じない「ワクチン後遺症」の実態に迫った意義ある記録映像。その上映会レポートを『長尾和宏の「痛くない死に方」』の中で紹介します。

果たして、国会議員たちは長尾先生からワクチン後遺症の真実を聞き、どのような反応を示したのでしょうか?詳しく知りたい方は初月無料のメルマガご購読をお願い致します。

【長尾和宏先生関連情報】

監督:高橋伴明 × 主演:柄本佑による、在宅医療をテーマにした長尾和宏先生のベストセラー小説を原作にした映画「痛くない死に方」DVDが2022年4月25日に発売されます。ご予約はコチラから。

映画『痛くない死に方』DVD 

初月無料購読ですぐ読める! 4月配信済みバックナンバー

※2022年4月中に初月無料の定期購読手続きを完了すると、4月分のメルマガがすべてすぐに届きます。 

2022年4月配信分
  • 【痛くない死に方 2022年第15号】「5類」になったら…高齢者施設は? 治療費は? 市民の責任と負担は?(4/15)
  • 【痛くない死に方 2022年第14号】ワクチン後遺症の行きつく先は……エイズ? どういうこと?(4/8)
  • 【痛くない死に方 2022年第13号】僕たちが妊婦さんにもワクチン接種を薦めない理由(4/1)

いますぐ初月無料購読!

 

<こちらも必読! 月単位で購入できるバックナンバー>

初月無料の定期購読のほか、1ヶ月単位でバックナンバーをご購入いただけます(1ヶ月分:税込660円)。
2022年3月配信分
  • 【痛くない死に方 2022年第12号】ワクチン後遺症の心筋炎なんて大したことない? えっ?(3/25)
  • 【痛くない死に方 2022年第11号】~ワクチン後遺症、国が認めるのはいつになる?~(3/18)
  • 【痛くない死に方 2022年第10号】イベルメクチン承認まであとどれくらい? 厚労省で何が起きているのだろう?(3/11)
  • 【痛くない死に方 2022年第9号】決して大メディアが報道しない、ワクチン後遺症~国会記者会見の記録!(3/4)

2022年3月のバックナンバーを購入する

2022年2月配信分
  • 【痛くない死に方 2022年第8号】 「ワクチン後遺症」はデマだと僕を批判する匿名の医師たちへ(2/25)
  • 【痛くない死に方 2022年第7号】子どもへのワクチン、本当に必要ですか? 医者たちが今、立ち上がる!(2/18)
  • 【痛くない死に方 2022年第6号】強すぎる「父親」をどう看取る? 石原慎太郎氏の最期の2週間を考える(2/11)
  • 【痛くない死に方 2022年第5号】埼玉在宅医殺人ーなぜ、殺されなければいけなかったのか?(2/4)

2022年2月のバックナンバーを購入する

2022年1月配信分
  • 【痛くない死に方 2022年第4号】テレビでは決して報道できないワクチン後遺症の質問にお答えします(1/28)
  • 読者のみなさまへ、バックナンバーのご案内(1/26)
  • 【痛くない死に方 2022年第3号】高齢祖父母のために、ワクチンを打ちたいと言う12歳の娘。私はどうすれば?(1/21)
  • 【痛くない死に方 2022年第2号】それでも5類引き下げ反対の医療者と政治家さんへ、僕からの提案(1/14)
  • 【痛くない死に方 2022年第1号】どうなるコロナ? どうする医療? 2022年長尾の大予想!(1/7)

2022年1月のバックナンバーを購入する

2021年12月配信分
  • 【痛くない死に方 2021年最終号】2021年・けったいな町医者の10大ニュース(12/31)
  • 【痛くない死に方 2021年第51号】まるで禅問答!?「重症化しないのに重症化を予防できる」(12/24)
  • 【痛くない死に方 2021年第50号】質問殺到! ワクチン後遺症についてお答えします~(12/17)
  • 【痛くない死に方 2021年第49号】「安楽死マシン」がスイスで合法化!日本もこれならOKでは…?(12/10)
  • 【痛くない死に方 2021年第48号】~オミクロン株登場でこの年末、日本はどうなるの~(12/3)

2021年12月のバックナンバーを購入する

2021年11月配信分
  • 【痛くない死に方 2021年第47号】小倉智昭さんのがん告白から考える、後悔しない治療の受け方(11/26)
  • 【痛くない死に方 2021年第46号】コロナ後遺症から認知症? 鬱? 気のせいで片づけるな!(11/19)
  • 【痛くない死に方 2021年第45号】季節性インフルは5類。新型コロナは2類。この冬、医療現場はどうなるのか?(11/12)
  • 【痛くない死に方 2021年第44号】「自然免疫」と、ワクチンで得た「免疫」は、体内で共存できるの?(11/5)

2021年11月のバックナンバーを購入する

image by: BaLL LunLa / Shutterstock.com

長尾和宏この著者の記事一覧

昭和33(1958)年6月生まれ。香川県出身。昭和59年東京医科大学卒業後、大阪大学第二内科に入局。昭和61年より 大阪大学病院第二内科勤務。平成3年より市立芦屋病院内科勤務。平成7年に、尼崎市に長尾クリニックを開業、外来と在宅医療を両立。あえて「町医者」という言葉にこだわり、「町全体が私の病棟、自宅は世界最高の特別室」をモットーに、病院で1000人、在宅で1000人を看取ってきた。在宅医療のリーダー的存在、また「日本尊厳死協会」副理事という立場から、高齢者の健康、終末期医療、尊厳死・平穏死について硬軟自在な論調で多くの提言を行っている。著書は『平穏死10の条件』『痛くない死に方』『親の老いを受け入れる』など多数。

有料メルマガ好評配信中

    

この記事が気に入ったら登録!しよう 『 長尾和宏の「痛くない死に方」 』

【著者】 長尾和宏 【月額】 ¥660/月(税込) 初月無料! 【発行周期】 毎週 金曜日(年末年始を除く) 発行予定

print
いま読まれてます

  • なぜ「ワクチン後遺症」を国は認めないのか?長尾和宏医師が告発する免疫低下の実態
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け