菅田将暉&小松菜奈が極秘結婚式。挙式した函館の神社はどこ?北海道にこだわった深いワケとは

2022.05.09
2969
by たいらひとし
菅田将暉&小松菜奈
 

NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』で源義経を好演している菅田将暉(29)。昨年11月には女優の小松菜奈(26)と結婚し、まさに公私ともに順調といえるだろう。そんな菅田と小松が4月に北海道で極秘に結婚式を挙げていたことがわかった。大阪府出身の菅田と山梨県出身の小松がなぜ北海道で挙式したのか?そこには2人にとってある重要な理由があったようだ。

思い出の映画のロケ地で函館で神前結婚

2人の結婚式の様子を報じたのは女性セブン。3月に菅田と小松が同時期にコロナウィルスに感染し、式の開催が危ぶまれていたが、その後順調に回復し、4月中旬に予定通り無事に式は執り行われた。

記事によると、親族のみ20名ほどの小さな結婚式だったといい、参列者が全員和装だったせいか、他の式の参列者もすぐに菅田と小松に気がついたようだ。

その後神社近くの料亭で行われた披露宴では、菅田は自身のヒット曲「虹」を弾き語りで披露したと言われている。

しかし、なぜ2人の出身地でもない北海道で挙式したのだろうか。

菅田と小松が結婚式を挙げた神社は函館の「函館八幡宮」だと一部ではささやかれており、鋭いファンであればすぐにピントくるかもしれない。

そう、函館は菅田と小松が交際を始めるきっかけになったといわれる、3度目の共演作、映画『糸』のロケ地。平成元年生まれの男女が出会いと別れを繰り返して、最後に結ばれる物語。偶然再会した2人が再び距離を縮め、クライマックスの令和カウントダウンパーティーが行われたのも函館だった。

2016年公開の映画『ディストラクション・ベイビーズ』での初共演から菅田は小松にぞっこんだったと言われ、『溺れるナイフ』を経て3度目の共演でようやく距離が縮まったとされている。

「式の場所を北海道に選んだのは、できるだけ目立たないようにするためもあったでしょうが、『糸』の男女を自分たちと重ね合わせたからかもしれませんね。それだけ菅田さんは小松さんのことを大切に思っていて、結婚してもなおぞっこんだということでしょう」(スポーツ紙の芸能記者)

菅田が披露宴で披露したというヒット曲「虹」は、主人公のび太としずかの結婚前夜を描いた映画『STAND BY ME ドラえもん2』の主題歌。映画『糸』のエンディング曲で、中島みゆきの同名曲のカバーでコラボした石崎ひゅーいに菅田が直接依頼し、1年がかりで仕上げたという。

「一生そばにいるから 一生そばにいて 一生離れないように 一生懸命に」

虹の歌詞には、菅田の小松への思いが込められているといわれている。大切な2人の門出の席で菅田が披露したことで、小松にその本気の愛が伝わったことは間違いないだろう。

【関連】新垣結衣、引きこもり生活は星野源が原因?『鎌倉殿』の後は再び充電期間へ、本格的な“妊活”スタートか

人気絶頂の2人が20代で結婚した理由

月9ドラマ『ミステリと言う勿れ』(フジテレビ系)や大河ドラマ『鎌倉殿の13人』(NHK)の演技が好評で、さらに俳優としての評価が高まっている菅田。

かたや小松も3月公開の『余命10年』が現在2022年の興行収入のトップになっている。

俳優としてのキャリアはともに絶好調。にもかかわらず、20代で結婚という道を選択したのは、“菅田のやきもち焼き”が理由だとされている。

というのも、エキゾチックな顔立ちの小松は男性からかなりモテモテだといわれ、そんな小松を誰にも奪われたくなかったから菅田は結婚を急いだとささやかれている。

これだけ聞けば、「菅田将暉って意外とおちゃめ」と思われるかもしれないが、一方の菅田もモテモテなのは同じで、かなりの共演者キラー。二階堂ふみ(27)、菜々緒(33)、堀田茜(29)、新川優愛(28)など、錚々たる女優たちとの噂が浮上した。

もちろん、こうした熱愛話がどこまで本当かは不明だが、小松は菅田と結婚したことで「共演NG女優が一気に増えた」とまでいわれている。

【関連】木村拓哉、主演ドラマ大苦戦で工藤静香が激怒か。キムタク家族の野望が消滅?妻をイラつかせるライバル俳優の存在とは

菅田は5年間続けた『オールナイトニッポン』(ニッポン放送)を終了し、2009年に放送された『仮面ライダーW』(テレビ朝日系)でデビューして以来、現在初めての長期休暇に入っている。もちろんこれは小松との新婚生活を大切にするため。

そこまで本気の愛を捧げられる伴侶を得た菅田は、これからきっとさらに大きな俳優として成長していくに違いないだろう。

print
いま読まれてます

  • 菅田将暉&小松菜奈が極秘結婚式。挙式した函館の神社はどこ?北海道にこだわった深いワケとは
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け