木村拓哉、主演ドラマ大苦戦で工藤静香が激怒か。キムタク家族の野望が消滅?妻をイラつかせるライバル俳優の存在とは

2022.04.29
796
木村拓哉
 

4月14日にスタートした木村拓哉(49)主演のドラマ『未来への10カウント』(テレビ朝日系)。視聴率は二桁発進したものの右肩下がりで、局内のドラマ関係者は顔面蒼白状態だといいます。そんな状況がキムタクファミリーの雲行きを怪しくしていると語るのは、芸能記者歴30年のベテランジャーナリスト・芋澤貞雄さん。芋澤さんは“ある俳優”の存在が影響しているといい、その理由を考察しています。

キムタク主演ドラマがまかさの苦戦で大ピンチ

木村拓哉の2年半ぶりの連ドラ『未来への10カウント』(テレビ朝日系)が大苦戦で関係者をざわつかせているようです。

2019年10月期の『グランメゾン東京』は、初回に12%半ばの視聴率を記録、第2話は13%前半と数字を伸ばしていましたし、2018年1月期の『BG~身辺警護人~』の初回と第2話は15%を超える大変高い視聴率を記録していました。

ところが今回の『未来への~』は明らかにこれまでのキムタク主演のドラマとは勢いが違うような、初回こそ11%台後半だったものの、第2話では10%半ばと数字を落としたのです。

このどんよりとした流れが続けば、キムタクにとっては連ドラ主演史上初、視聴率1桁台の屈辱も有り得るかもしれません。

テレビ関係者を改めて取材してみると、当初テレ朝が希望したのは『BG~』第3章だったようです。

2018年の第1章では平均視聴率が15%を超え、2020年6月期の第2章でも、平均視聴率は16%に限りなく近かったドラマですから、堅実路線としてこの第3章を…というオファーだったようです。

そして何より“高視聴率男・木村拓哉”の看板に絶対泥を塗らないことがこの肝だったとも言われていました。

ところがキムタク側はこのオファーに、首を縦に振ることはなかったというのです。

それは今年の11月13日で50歳の節目を迎えるキムタクに、スタッフたちが“新しい役者像”を視聴者にアピールしたかったからだと言われています。

“いつまでも清廉潔白な木村拓哉では見ている方も飽きてしまうのでは…”と。

そこでキムタク側が逆オファーしたのは“網膜剥離や妻との死別でいつ死んでもいいとアルバイトで生計を立て、空虚な日々を送る元アマチュアボクサー”だったのです。

キムタク側の入れ込みぶりはこのドラマのスタッフを見ただけで一目瞭然でしょう。

脚本は『HERO』シリーズ、『CHANGE』、の福田靖氏です。改めるまでもないでしょうが、『HERO』は平均視聴率が34%半ば、最高視聴率36%台後半という歴代ドラマ視聴率でも上位に入る作品です。

ジャニーズ事務所として、三顧の礼を尽くして福田氏にお願いしたのでは…と想像できます。

この思わぬ結果に特に頭を痛めているのが工藤静香ではないでしょうか。

キムタクが役作りの為、専属のトレーナーをつけて肉体改造に入ったのは昨年暮れ頃からだと言われています。それを私生活で支えたのが工藤の内助の功でした。

食生活においてトレーナーのアドバイスに従い、キムタクが口にするもの全てに最新の注意を払ってサポートし続けていると言われています。

【関連】綾瀬はるかが噂の韓流ノ・ミヌと密会?破局報道から一転“復縁”の現実味、5月日本のライブで再会か

そんな工藤がこの結果に“主人のイメージチェンジは早過ぎたのでは…”と思ってしまうのも理解できます。

print
いま読まれてます

  • 木村拓哉、主演ドラマ大苦戦で工藤静香が激怒か。キムタク家族の野望が消滅?妻をイラつかせるライバル俳優の存在とは
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け