深田恭子が再びメンタル崩壊の危機。結婚間近の恋人と破局目前?寝起きにシャンパン&酒浸り生活で婚約者から三下り半か

2022.05.11
635
by たいらひとし
深田恭子
 

適応障害の治療で芸能活動を休止し、昨年9月から活動を再開した深田恭子(39)。映画の公開イベントやCMなどで姿を見かけるものの、それ以外では目立った活動がなく開店休業状態が続いている。最近キャッチされた近況では不安定な生活ぶりが露呈するなど、ファンの心配は尽きない。そんな中、「実はさらに状態が悪くなっているのではと?」の声まであがる事態となっているようだ。

深田恭子、酒浸り&昼帰りが続き恋人から三下り半?

女性セブンは10日、深田と婚約者である不動産会社社長とS氏が路上で大ゲンカしていたことを報じた。それは4月下旬の午前4時、東京・西麻布の路地裏での出来事だ。

記事によると、深田とS氏は芸能人御用達のバーで激しい口論を繰り広げ、店を出た後も路地裏で「もう無理だから!」「別れよう!」と人目をはばからず怒鳴りあった後、S氏は深田を残して1人タクシーに乗り立ち去ったという。

残った深田はそのまま店に残りシャンパンを飲み続けたといい、S氏は後日、親しい知人に「深田との関係は終わった」と語っていたとしている。

女性セブンは4月中旬にも深田が朝から酒を飲んだ後、渡部篤郎夫妻と合流し焼き肉店とカラオケバーをはしごする姿をとらえている。

2021年5月に適応障害による活動休止を発表したときの深田はドラマ、映画、CMにと明らかに出ずっぱり。オーバーワークは誰の目にも明らかだった。

「休養期間わずか3カ月の早すぎる復帰に疑問の声があがっていました。スケジュールの関係で仕方がなかったのかもしれませんが、案の定良い方向には進んでいないようです。もともとお酒好きで知られる深田さんですが、最近では日に日にアルコールの量が増えているといいます」(スポーツ紙の芸能記者)

深田の場合、前日の夕方から昼まで飲み続ける“昼帰り”を週に2~3のペースで繰り返していたといい、生活ぶりはかなり乱れていたとみられる。

S氏は深田に何度も注意したが収まらず、冒頭の大ゲンカになったと記事では伝えている。

【関連】新垣結衣、引きこもり生活は星野源が原因?『鎌倉殿』の後は再び充電期間へ、本格的な“妊活”スタートか

適応障害治療後の深田恭子の気になる酒量

厚生労働省の「健康日本21」では、アルコール依存症の発症リスクが少ない節度ある適度な飲酒は、壮年男性の場合、純アルコール量が1日20g以下としている。これはビールだと500mlのロング缶1本、ワインなら2杯程度が目安となる。

この3倍以上を接種すると飲み過ぎとなり、アルコール依存症のリスクが高まると言われている。

女性セブンの報道が事実であれば、朝帰りならぬ“昼帰り”を繰り返す深田が飲み過ぎであることは確実で、危険な兆候にあるとみられてもおかしくはない。恋人であるS氏が心配するのも当然だろう。

深田は動画配信サービスのドラマの主演が決定しており、撮影は6月から開始されるという。クランクインまで時間的にあと1カ月もないが、体調を万全に戻すことはできるのだろうか。

4月4日、イメージキャラクターをつとめる「午後の紅茶」のイベントに登場した深田。その姿はあきらかに以前よりやつれており、呂律も回っていないように見えた。

女性セブンが4月中旬に深田をキャッチしているが、デニムのショートパンツから見えた足はか細く、写真集「Blue Palpitations」「Brand new me 」などで見せた健康的な肉体美とはほど遠かった。

【関連】菅田将暉&小松菜奈が極秘結婚式。挙式した函館の神社はどこ?北海道にこだわった深いワケとは

ファンが何よりも見たいのは元気いっぱいな“深キョン”の姿。目の前の仕事をこなすことも大切だが、なによりも自分の体を大事にしてもらいたい。

print
いま読まれてます

  • 深田恭子が再びメンタル崩壊の危機。結婚間近の恋人と破局目前?寝起きにシャンパン&酒浸り生活で婚約者から三下り半か
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け