リフレ“裏オプ”売春に捜査のメス。「Gなし本番3万円」聖地・秋葉原で摘発強化、逃げ出す業者が次に向かう場所とは?

2022.05.18
178
by たいらひとし
shutterstock_663234970
 

マッサージなどのサービスを提供する「リフレ店」で女性従業員に売春を行わせたなどとして、警視庁は17日、東京・秋葉原のリフレ店の経営者ら3人を逮捕したと発表した。同店は裏オプション、いわゆる“裏オプ”を行う店として知られ、秋葉原でもかなりの人気店。ホームページでは「都内ナンバーワン」などとうたっていた。

都内有数の大型リフレ店が御用

逮捕されたのは「ラプンツェル秋葉原」の経営者ら3人で、1月と4月に20代の女性従業員2人に売春を知りながら個室を提供した、売春防止法の場所提供業の容疑。リフレ店が売春防止法違反で摘発されたのは3月8日の「Cherry×Cherry(ちぇりちぇり)」が初めてで、今回が2例目となる。

同店は「エース秋葉原」として2020年4月から営業を開始。しかし、前出の摘発騒動があったことで現在の店名に変更し営業を続けていた。

朝日新聞によると、同店は女性従業員約30人が在籍する“本格店舗型リフレ都内No.1”をうたい、これまでの約2年間で8400万円以上を売り上げていたという。

【関連】芸能人御用達のハプニングバー摘発で男女10人逮捕。“わいせつ行為中”に警察30人突入、なぜ渋谷の有名店が今狙われたのか

「裏オプが女性たちの収入」驚きのリフレの実態

リフレ=とはリフレソクロジーの略で、足裏マッサージの事だが、添い寝リフレ店の本質はそこにはない。女の子と添い寝しながら2人で楽しくおしゃべりできる店だ。

料金はまちまちだが、おおよそ40分で5000円から6000円が相場。女性従業員は時給で働いているパターンが多いという。

膝枕、耳かき、足絡ませ、ハグ、向かい合い添い寝…さまざまな追加オプションがあり、そのオプション代が女性従業員の収入になっていく。

ところが“裏リフレ店”になると、基本給がない場合がほとんどで、オプション代だけが女性従業員の身入りになる。つまり、客をとってオプション代を稼がないかぎり無給となり、働いている意味がまったくない。

そのため、女性従業員の方から積極的に裏オプションを客に勧めるという仕組みになっているのだ。

裏オプションの内容や金額は女性従業員の裁量に任されており、ボディタッチのみだったり、口淫や手淫などの性的行為を行う。しかし、積極的に稼ぎたい女性の場合は本番行為もいとわない。

売春まで行うのは女性従業員の意志決定なので、店側は「自分たちが売春を強要していない」と言い逃れしやすいというわけだ。

本番をすれば売春防止法違反、性行為をすれば風営法違反になるが、もともと男女二人が個室にいたら何をしているかは当事者にしか分からない。

そもそも添い寝リフレ店と裏リフレ店の区別は明確ではなく、SNSなどを使った口コミで「あの店は裏オプあり」「●●ちゃんはゴムあり2万円でできる」などの情報が飛び交っているのが実情。

昨年秋から、秋葉原の摘発は加速度を増している。そうなると、裏リフレ店は店舗営業をやめて、全てが派遣型に切り替わる可能性が出てくる。

30分1200円程度で借りられるシャワー付きのレンタルルームに客が先に入り、女性従業員をその部屋に出張させる。店舗で本番行為をさせないので、経営者側は売春防止法の場所提供業の抜け道になる危険性もある。

また、秋葉原は摘発の恐れがあるとのことからリフレの聖地を離れ、学問の神様で有名な「湯島天神」で知られる湯島エリアや錦糸町周辺に場所を移す店が増えているという。

【関連】小室圭さんが大学教授に?弁護士を諦め学者の道に活路か、無収入に逆戻りで結局頼るのはロイヤルマネー

摘発を厳しくすれば地下に潜ったり、場所を移動したりを繰り返すイタチごっこ。しかし、警察は今後さらに摘発を強化するものとみられ、秋葉原からリフレ店が消滅するのは時間の問題かもしれない。

print
いま読まれてます

  • リフレ“裏オプ”売春に捜査のメス。「Gなし本番3万円」聖地・秋葉原で摘発強化、逃げ出す業者が次に向かう場所とは?
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け