詰め込みすぎに要注意。気合を入れた計画ほど失敗しやすいワケ

Businessman's table Planning Business IssueBusinessman's table Planning Business Issue
 

何か目標を作った時、その達成に向けて予定や計画を立てると思います。でも、気合を入れて作ったのに、計画倒れになってしまう…誰しも経験があるでしょう。一体、何が問題なのでしょうか?『石川和男の『今日、会社がなくなっても食えるビジネスパーソンになるためのメルマガ』』の著者で「5つの仕事を掛け持ちする時間管理の専門家」の石川和男さんがその理由を語っています。

この記事の著者・石川和男さんのメルマガ

初月¥0で読む

気合いを入れ過ぎた計画は、100%失敗する

  • 新しい目標への行動を書き出した計画
  • 資格試験の勉強前に作成した合格までの計画
  • 女の子にモテるため腹筋を割るダイエット計画

「さぁ、いよいよ人生逆転劇場の始まりだ!」これもやろう、あれもやろう、と燃えています。計画表を作っていろいろ盛り込もうとしています。

例えば、行政書士試験。独学で頑張ろう!A出版社とB出版社の問題集をそれぞれ2回解こう。今人気のC専門学校で出した問題集も気になる、これもやろう!試験まで残り3ヶ月。3ヶ月×30日で90日。全体を90日で割ると、テキストは1日50ページで終われるな。よし、気合い入れていこう……って、どう考えても無理です。

計画を立てるときが、一番モチベーションが高い瞬間です。計画を立てているときは、一番気分が高揚しています。人生逆転の目標に飢えているので、なんでもかんでも詰め込んでしまうのです。

しかし、現実はそのモチベーションが徐々に薄れていってしまいます。結果、やり残しが発生。詰め込みすぎの消化不良。

あなたは毎日調子が良いわけではありません。体調が悪かったり、寝不足だったり、突然の飲み会や思わぬ残業が入ったり、冠婚葬祭があったりで、計画通りにはいかないものです。

そうするとせっかく計画を立てたのに、できない自分への罪悪感でいっぱいになります。そして、「自分はやはり人生逆転できないんだ」と落ち込み、計画を途中でやめてしまう可能性もあります。

では、どうしたらいいのでしょうか。

まずは計画を立てます。その立てた計画から20%を削りましょう。

空腹時に買い物に行くと、つい買い込んでしまうように、高揚感のある計画時には、なんでも食べられる、いや何でもできる、今度こそやり通す!と詰め込み過ぎてしまいます。

この記事の著者・石川和男さんのメルマガ

初月¥0で読む

しかし、一度計画を立てたら、20%を一旦削ってしまいましょう。わたしの経験からいうと、20%ぐらい削って、やっとちょっと無理すると達成できるぐらいの計画となります。

print
いま読まれてます

  • 詰め込みすぎに要注意。気合を入れた計画ほど失敗しやすいワケ
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け