竹内結子さん三回忌に想う「夫・中林大樹はなぜ海辺で暮らすのか」前夫・中村獅童との戦い、懐かしの黒キャップ姿に感じた深い覚悟

2022.08.26
52
takeuchi
 

女優の竹内結子さん(享年40歳)が急逝してもうすぐ丸2年。記者歴30年の芸能ジャーナリスト・芋澤貞雄さんは、9月27日の三回忌を前に、あることに気づいたと言います。夫の中林大樹さん(37)、前夫の中村獅童さん(49)、そして残されたふたりの子供たちの近況は――

外苑西通り、家族水入らずの優しい記憶

今年の9月27日、竹内結子さん(享年40歳)が亡くなって丸2年が経ちます。

竹内さんの三回忌に合わせるように、『女性セブン』が残された中林大樹とふたりの子供たちの近況を伝えています。

2年前の、三浦春馬さんの訃報から70日足らずで発生した竹内さんの悲しいニュースには本当に驚かされたことを覚えています。

少し前に『コンフィデンスマンJP プリンセス編』を観劇した際には、あの笑顔や演技の裏に何を抱えていたのかを考え、本当に胸が締め付けられる思いになりました。

映像やフィルムの中での竹内さんには今でも会えるわけで、今でもいらっしゃるような錯覚にさえ陥ってしまいます。

『女性セブン』の記事を見た私に、真っ先に飛び込んできたのは中林のファッションでした。

シカゴ・ホワイトソックスの黒のキャップに、同色のTシャツ…これは竹内さんが御存命の頃、私が偶然外苑西通りで目撃した家族スリーショットと全く同じコンビネーションだったからです。

その時と同じ物をまだ愛用されているのか定かではありませんが、まるであの日にタイム・スリップしたような感じがしてしまいました。

夫・中林大樹と海辺の街

今、中林は人知れず東京を離れ“海辺の街”に転居したと同誌は伝えています。

関東近郊の潮の香りが漂う“海辺の街”…中林の思いが理解出来るような気がします。

彼の趣味はサーフィンです。その技術もなかなかなものだとか…。

結婚直後も、竹内さんと長男を連れて千葉の海でサーフィンを楽しむ姿が頻繁に目撃されていましたから。

“子供が学校に通える範囲で、自然と触れ合いながら育てていきたい。子供にはサーフィンも教えてあげたい”…そんな彼の心の呟きが聞こえてきそうです。

『女性セブン』に掲載された近影からは、何か“力強い覚悟”のようなものを感じたのですが皆さんはいかがでしょうか。

実は竹内さんの三回忌を前に、古株の芸能記者たちの間で“新しいガール・フレンド”の存在を噂する輩も少なくありませんでした。

【関連】“小泉進次郎総理”が統一教会に迫るセクシー踏み絵

あのルックスとまだ37歳という若さです、人生をリ・スタートさせることは十分に考えられると、記者たちは口を揃えて言うわけです。2020年1月末に誕生した第2子のためにも悪くない選択だと…。

もしかしたら『女性セブン』の狙いもそこにあったのかもしれませんね。

print
いま読まれてます

  • 竹内結子さん三回忌に想う「夫・中林大樹はなぜ海辺で暮らすのか」前夫・中村獅童との戦い、懐かしの黒キャップ姿に感じた深い覚悟
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け