GACKT様の壮絶闘病は大ウソ?ハゲが治った「幹細胞治療」の怪しい実態とは…スピンドル詐欺&人妻不倫からガックンいまだ逃亡中

2023.01.05
109
by たいらひとし
GACKT-650x401
 

元旦放送のABCテレビ「芸能人格付けチェック!2023年お正月スペシャル」で2年ぶりに出演し、見事一流芸能人の座を死守する71連勝の記録を更新した歌手のGACKT(49)。「重度の発声障害」により2021年9月に活動を休止し、昨年10月に芸能活動を再開したばかりのGACKTだが、同番組内で壮絶な闘病生活と幹細胞治療による症状の改善を語り、その怪しすぎる内容が物議を醸している。かつて「スピンドル」(ガクトコイン)の広告塔となり、200億円もの被害をもたらしたにも関わらず、まだ性懲りもなく、あらたな広告塔となったのだろうか? そもそもの休業理由についても、「スピンドル詐欺」の追及と「人妻不倫」報道から逃げるための“仮病”とも言われているGACKTだが、一体何が起きているのだろうか?

【関連】声優・櫻井孝宏がまた結婚隠し不倫「累計25年」で引退の危機…なのに示談金1000万円の支払いを渋る理由とは?

ガクトが絶賛した「幹細胞治療」の怪しい中身

GACKTによると当初、持病の神経系疾患の悪化と重度の発声障害の併発による不調は疲労が原因だと思っていたが、やがて発熱し2週間も意識の無い状態になっていたという。

その後、免疫力が落ち、声が出ないだけでなく、脳の整理ができず上手く言葉も作れない状態になったとしている。

そして、頭頂部の髪の毛が抜け落ち、まるで「エガちゃん(江頭2:50)」のような状態になり、その1カ月半後、今度は「乾癬」になって全身の皮膚を1枚剥いだようになり、一時は引退を覚悟していたと語った。

そんなGACKTを“救った”のが2022年4月に受けた「幹細胞治療」だったというのだ。

同「格付けチェック」では、「GACKTの身体中が崩壊する中で、奇跡の復活を遂げた方法」として紹介されていた。

そして「幹細胞治療とは失われた細胞を修復する組織を自身の身体から採取、培養してそれを幹部にい直接注射する再生医療」とし、昨年4月から治療を開始すると、1カ月経つと肌がよくなり、3カ月後には全て乾癬がなくなったと同時に、髪の毛も再び生えはじめたという。

番組では「この治療法が功を奏したのか、症状は改善。GACKT復活への足がかりとなった」と、遠回しではあるが、幹細胞治療のおかげで復活したことを強調する紹介の仕方をしていた。

しかし、GACKTの「幹細胞治療」に関して、ネット上では「幹細胞治療って何のエビデンスもない治療なのに、ABCテレビは大丈夫なのか?」「胡散臭さプンプンなのになんの注釈もなくていいのか?」と、医療関係者の総ツッコミが起こった。

GACKTが実際に治療を受けたクリニックのホームページによると、GACKTに施された皮膚再生治療は165万円。

また、局所注射では、脊椎損傷、肩関節、股関節。静脈注射では、脳血管障害、糖尿病、肝障害、慢性疼痛(金額は242万円)など、「あらゆる症状に効く万能の治療法」のように謳われている。

自由診療の「幹細胞治療」に医療学会も注意喚起

しかし、日本再生医療学会のホームページでは、「幹細胞治療は国が有効性を確認した上で承認している医療とは別枠の自由診療であり、国が安全性や治験を確認しておらず、健康保険も適用されず、全額自己負担であり、こうした前提を踏まえて、医師からの説明を受け検討してほしい」と注意喚起している。

格付けチェックで圧倒的な目利き力を発揮するGACKTが勧める治療法となれば、その宣伝効果ははかりしれない。

テレビで全国放送されたことで、その効果を鵜呑みにしてしまう人も出てくる可能性もある。

GACKTは、11月にお台場で行われた「アンチエイジングフェア」でも、闘病と幹細胞治療について語っている。

しかし、その特設ステージはGACKTが治療したクリニックと同じ系列の団体が開発した、カートリッジ交換式のシャワーヘッドをPRするものだった。

GACKTは闘病生活を語ると、最後にファンに向けて、

「僕もファンも同じように年を取っているはずなのに、僕だけ見た目が若いままでファンが年を取るのは耐えられない。みんなもしっかり着いてきて欲しい」

と、自分と同じように若いままでいることを訴えた。本人もその影響力を自覚し活用しており、金儲けに余念がないようだ。

print
いま読まれてます

  • GACKT様の壮絶闘病は大ウソ?ハゲが治った「幹細胞治療」の怪しい実態とは…スピンドル詐欺&人妻不倫からガックンいまだ逃亡中
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け