独裁者が巧みに利用する人間の“悪癖”。かつての同志をも「スケープゴート」にした中国の独裁者

Workplace,Bullying,And,Sexism.,Male,Colleagues,Whispering,Behind,Back,Of
 

誰しもが一度ならずとも耳にしたことがあるはずの「スケープゴート」という言葉。なぜ人は有史以来、スケープゴートを生み出し続けてきたのでしょうか。今回のメルマガ『富田隆のお気楽心理学』では著者で心理学者の富田さんが、社会心理学におけるスケープゴートについて専門家の立場から解説。さらにこの「人間の悪癖」を巧みに利用した独裁者の行状を紹介しています。
※本記事のタイトルはMAG2NEWS編集部によるものです/原題:贖罪の山羊

贖罪の山羊

今年は梅の実が不作とか。そう言われて見れば、我が家の梅の木もあまり実をつけておりません。蒸し暑い日々が続いておりますが、あなた様におかれましてはお元気にお過ごしでしょうか。

「不作」と言えば、梅だけではなく、オレンジもカカオも、挙句の果てにはコーヒーまでもが不作で品薄となり、あれもこれも値段が高騰しています。朝食は、納豆に梅干し、海苔にご飯、それに食後のコーヒーを定番にしている私は、大いに危機意識を高めている次第です。梅干しは大丈夫なのでしょうか?追い打ちをかけるように、最近、海苔も不漁とかで、値が上がり始めました。おまけに、「まさか!」のお米までが足りないのだとか。お米は日本人の生命線なのに…。

これらは、おそらく、世界的な天候不順が原因なのでしょう。こうした災難に見舞われた時、「お天道様に悪口を言っても仕方がない」と、誰もが諦めてくれれば良いのですが、下手をすると人間の「悪い癖」が出るので、要注意です。悪い癖とは、たまたま生じた災難を「誰かのせいにする」という人類生誕以来?の困った心理傾向のことです。

そうした状況で「犯人」にされてしまった人物や集団を社会心理学では「スケープゴート(scapegoat)」と呼んでいます。スケープゴートとは「贖罪(しょくざい)の山羊」の意味で、自分たちの罪を贖(あがな)うために神に捧げる生贄(いけにえ)のことです。もちろん、いくら「スケープゴート」を血祭りにあげたところで、災厄が退散するはずもありません。しかし人々は、災厄により溜め込んだフラストレーション(frustration:欲求不満)による負のエネルギーを、何かにぶつけて解消せずにはいられないのです。まるで子供じみた「八つ当たり」です。

ところが、いわゆる独裁者は、こうした人間の「悪癖」を上手く利用します。災厄が生じた際、もっともらしい犯人(スケープゴート)を指さすことで、国民の邪悪なパワーを吸い上げ、自らの権力基盤を強化するのです。ヒトラーはユダヤ人をスケープゴートにすることで「アーリアン民族」の怨念を吸い上げ、「第三帝国」の権力基盤を固めました。暴君ネロは、自らが火を放ったとも噂されているローマの大火災をキリスト教徒のせいにしました。

この記事の著者・富田隆さんのメルマガ

初月無料で読む

print
いま読まれてます

  • 独裁者が巧みに利用する人間の“悪癖”。かつての同志をも「スケープゴート」にした中国の独裁者
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け