見せ金はダメ!カジノで「VIP扱い」されるために必要な金額とは

shutterstock_219527743
 

成立が近いと言われるカジノ法案。国会を通ればいよいよ国内にもカジノが登場することになりますが、我々一般人にとって少々敷居が高いというか、そもそも知らないことだらけというのが現実ですよね。そこで役立つのが、現役女性カジノディーラーが配信するメルマガ『鍛野ミミの「カジノの目線で」-ここだけばなし-』。今回はカジノビジネスのコア・VIPマーケティングが取り上げられています。

VIPマーケティングのプチ活動

カジノの「VIPマーケティング」というのを聞いたことがありますか?

日本のIR(カジノ)関連業界では少しずつ浸透し始めているみたいですが…、まだまだ一般的には、知られていない業務(ビジネス)なのだと思います。

世界ではかなり認知されていますが、日本には正式なカジノがないので、認知度が低いのも仕方のないことです。

今まで日本は、VIPマーケティング情報やカジノの運営にまつわる話をオープンにしないまま、ず~っとここまで来てしまいました。現職者は当然、情報開示できないので、これも仕方のなかったことだと思います。

しかし、IR(カジノ)法案が現実味を帯び始めた昨今、カジノビジネスのコアとも言えるVIPマーケティング話を少しずつでもしていかないと、カジノ議論は「机上の空論超えることが出来ないわけです。

カジノ施設は、既に世界140ヶ国以上で認められているということは先に述べました。そこでは、老若男女、世界中のあらゆる層の人々がカジノに遊びに来ています。

カジノコンサルなので「みんな、カジノでどれくらいお金使うの?」と言った類の質問をよく受けます。友だちや知人、あるいは超ハイローラー! のカジノの賭金、気になりますよね。

カジノで使う「軍資金」は、本当に人ぞれぞれでして…。例えば、ある人は100ドル握りしめて、ルーレット一発勝負…、またある人は、1回のベット(賭金)が5,000ドルで、そのお金をブラックジャックの30秒くらいの勝負で、あ~っ! という間に溶かす(負ける)わけです(とほほ~)。

100米ドルは、現在の為替レートで1万2,000円くらい。5,000米ドルは、60万円以上になります。

カジノ施設の一般テーブルでは、マス顧客とVIP顧客が入り混じっていて「カジノほど、ダイバーシティ(多様性)に溢れている場所はないのではないか?」と思うくらい、プレーヤーの賭金や賭け方、服装、年齢なんかはバラバラなんです。(マンウォッチングだけでも、かなり楽しめます)。

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR 誰も教えてくれない自分の「可能性」、それAIが2分で教えます。
    誰も教えてくれない自分の「可能性」、それAIが2分で教えます。
    (株式会社J.Score)
  • 見せ金はダメ!カジノで「VIP扱い」されるために必要な金額とは
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい