なぜ一番上の子は目が悪くなる?イギリス国立大学の笑えない研究結果

shutterstock_128557256
 

日本人は欧米人よりも近視の人が多いそうです。確かにメガネやコンタクトの人、多いですよね。そして…、第1子のほうが第2子以降よりも近視の子が多いという研究も発表されています。いったいなぜ? 無料メルマガ『e-doctor ドクタースマートの医学なんでも相談室』の著者で内科医のドクタースマートさんが詳しく解説しています。

長子のほうが次子よりも近視が多いし酷いんだって?

今日は、長子のほうが次子よりも近視が多いし酷いんだって? というお話です。

先行研究で、15~22歳の近視/強度近視について出生順との関連を調べた結果、長子のほうが次子以降よりも約10%多いとの報告がある。同関連について英国・カーディフ大学のGuggenheim氏らは、40~69歳集団 について調べ、より上の世代でも同様の傾向がみられるのか、また関連の傾向は「次子以降では親の教育熱心さが低減するから」という仮説によって予測可能なのかを検証しました。その結果、仮説を裏付ける結果が得られました。

検討は、2006~10年のUK Biobank登録者を断面調査して行われ、視力評価を行い、白人、眼障害なしと自己申告した40~69歳、8万9,120例をアンケートにて出生順と最終学歴などの情報を調べたそうです。

主要評価項目は、出生順にみた近視および強度近視で、年齢と性別で補正(モデル1)、年齢、性別と最終学歴で補正(モデル2)し評価したそうです。

主な結果は以下のとおり。

・モデル1(学歴について未補正)において、出生順(例:長子 vs.第2子)と近視/強度近視の関連が認められた。強度近視1.21だった。

・モデル1において、近視のリスクは出生順が後になるほど低下することが認められた。

・モデル2(学歴について補正後)では、モデル1でみられた出生順と近視/強度近視の関連に関する効果が、約25%減弱し、1.15で明白な用量反応がみられなかった。

・これらのデータから、出生順と近視の関連は、ここ30~40年に派生した新たな環境圧力に起因するものではないことが示唆された。

・また、学歴の影響について補正後の減弱した効果サイズから、次子以降への両親の教育投資の減少が、相対的に近視からの保護につながっていることが裏付けられた。

長子は、親の過度の期待から勉強させられ、視力が悪くなったというんですね。この報告は英国ですが、日本でも同じでしょうね。やっぱり、1人っ子だとメガネをかけた子供が多くなるんでしょうね。

image by: Shutterstock

 

e-doctor ドクタースマートの医学なんでも相談室
読者の質問に、内科医であるドクタースマートがお答えする無料のメルマガです。病気・治療・治療費・健康保険のなど、何でも相談できますよ。
<<登録はこちら>>

印刷する

人気のオススメ記事

  • なぜ一番上の子は目が悪くなる?イギリス国立大学の笑えない研究結果
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  •  まぐまぐニュース!・編集部だより・ちょい見せまぐ!・英語のまぐ!他、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

    公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

  • ついでに読みたい