さよなら中国マネー。三大投資家ジョージ・ソロスも中国を見捨てる

George_Soros,_2002

ユダヤ系アメリカ人投資家ジョージ・ソロス。彼はかつてアメリカ一極主義のブッシュを嫌い、大の親中派であったと言います。しかし中国の不穏な動きや噂が広まる中、ソロスを筆頭とする「国際金融資本」も態度を変え始めたようです。無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』で詳しく見ていきましょう。

ソロスの言動からわかる、「国際金融資本」と中国の関係の変化

世界三大投資家」といえば、

・ウォーレン・バフェットさん
・ジム・ロジャーズさん
・ジョージ・ソロスさん

今回は、ジョージソロスさんのお話。

ジョージ・ソロスとは?

ジョージ・ソロスさんは1930年、ハンガリーのブタペストで生まれました。ユダヤ系です。ブルームバーグによると、2015年時点の資産は277億ドル(約3兆3,240億円)。世界で24番目の大富豪だそうです。

17歳でイギリスに渡り、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスを卒業。1973年、(後の世界3大投資家)ジム・ロジャーズと共にクォンタム・ファンドを設立。同ファンドは、10年で3,365%のリターンを得て、世界的に知られるようになります。

1992年、イギリス通貨ポンドの空売りを行い、15億ドルの利益を得る(以後、「イングランド銀行をつぶした男」と呼ばれるようになる)。1998年、クォンタム・ファンドは、運用資産で世界一のヘッジファンドに。2010年、ファンド規模が、史上最高額の270億ドル(約3兆2,400円)に。2013年、アベノミクス相場で10億ドルの利益を得る。同年、クォンタム・ファンドは、ヘッジファンド史上最高55億ドル(6,600億円)の利益を得る。

こう見ると、40年以上も投資で成功しつづけている。まさに「世界三大投資家」という名にふさわしい人ですね。

「グローバル政治家」としてのジョージ・ソロス

実をいうとソロスさんには、バフェットさんやロジャーズさんとは違う顔があります。彼は、「国際政治」に深く関わっているのです。「国境なき政治家を自任しています。いったい何をしているのでしょうか?

彼は世界中の(特に独裁色の強い)国々に、「オープン・ソサエティ財団」というのをつくっている。この財団は何をしているかというと、「開かれた社会をつくっている」という名目。要は、「民主化支援」をしているわけです。

「民主化支援」というと「美しい響き」ですが。しかし、統治者からすると、「革命を扇動している」ともいえます。そう、ソロスさんは、「革命支援」を行っているのです。

「トンデモ、トンデモ、トンデモ~~~~!!!」

そんな声が聞こえてきます。1つ例を挙げておきましょう。03年11月、ジョージア(旧グルジア)で、「バラ革命」が起こりました。この革命で追放されたシェワルナゼ大統領(当時)は、なんと語っているか?

03年12月1日時事通信。

グルジア政変の陰にソロス氏?=シェワルナゼ前大統領が主張

 

【モスクワ1日時事】グルジアのシェワルナゼ前大統領は、11月30日放映のロシア公共テレビの討論番組に参加し、グルジアの政変が米国の著名な投資家、ジョージ・ソロス氏によって仕組まれたと名指しで非難した。

 

ソロス氏は、旧ソ連諸国各地に民主化支援の財団を設置、シェワルナゼ前政権に対しても批判を繰り返していた。

こういう活動を、アメリカ政府の承認なしで行えるはずがありません。つまり、彼は、「アメリカの世界戦略」に深く関わっている。

ところが、ここで話が複雑になってきます。グルジアで革命が起こったのは、03年11月。この時、アメリカ大統領はブッシュでした。そして、ソロスは、有名な「反ブッシュ」なのです。ブッシュが2期目に突入しないよう、「全財産をかけてブッシュを破る」と公言していたぐらいです(しかし、ブッシュは再選され、ソロスは富を増やしつづけた)。

なぜソロスは「反ブッシュ」なのでしょうか?彼は、ブッシュとネオコンがすすめた「一極主義」に反対だった。そして、基本的に「多極主義者」である。

「多極主義」とはなんでしょうか? 「アメリカ一極世界をぶち壊し、いくつかの極(多極が共存併存する世界を創ろう」という主義です。

02~03年、運動を主導したのは、フランス・シラク大統領とドイツ・シュレイダー首相でした。しかし、運動の中心は、その後ロシア、中国に移っていきます。

ソロスがグルジアの民主化を支援した。これは、ブッシュ政権の利益でもあります。しかし、ソロスは、「反ブッシュ」。ソロスは、ブッシュ政権の代理人として活動していたというより、「グローバリズム」を推進する「国際金融資本」の一員して、「オープン・ソサエティ財団」をやっているのでしょう(ソロス自身は、「グローバリズム」や「市場原理主義」を批判している(!)。しかし、彼がやっていることは、まさに「グローバリズム推進」といえる)。

ところでソロスは、「反ロシア」で知られています。ソロスは、ロシアが「勢力圏」と考えている旧ソ連諸国で革命運動」をしている。ここで利害が対立しています。そして、プーチンは、「ソロスは、ロシアでも革命を起こすつもりだ」と疑っている。プーチンとソロスは、極めて険悪な仲だったのです。

人気のオススメ記事

さよなら中国マネー。三大投資家ジョージ・ソロスも中国を見捨てる

この記事が気に入ったら
いいね!しよう



MAG2 NEWSの最新情報をお届けします。

ついでに読みたい

1日のニュースがまとめて読める。まぐまぐニュース!の登録はこちらから

この記事が気に入ったらTwitterでMAG2 NEWSをフォロー