どっちが勝っても日本は絶望。米大統領選「トランプ対ヒラリー」の悲劇

shutterstock_180341039
 

現在熱い戦いが繰り広げられているアメリカ大統領選挙選。日本国内では「他国の選挙」とあってあまり関心が高くないようですが、メルマガ『高城未来研究所「Future Report」』の著者・高城剛さんは「実は大いに日本にも関係してくる」と指摘、中国によるヒラリー陣営への資金援助などを挙げながら、あまりにお粗末な我が国の外交政策を厳しく批判しています。

米共和党の旧勢力に握られ続ける日本の支配層

今週も2016年米国大統領選につきまして、日本の現状と今後を踏まえ、私見たっぷりにお話ししたいと思います。

ネバダ州で予備選3勝目をあげたトランプの勢いが止まりません。過激さを増すトランプの発言や、ルビオ、クルーズ両上院議員とも親がキューバ移民のヒスパニック系であることから票の行方が注目されたネバダ州では、トランプが45.9%の圧倒的な得票率で勝利し、2位のルビオ上院議員=23.9%、3位のクルーズ上院議員=21.4%に大差をつける結果となりました。

現在、共和党の70%がトランプを支持しており、30%が反トランプで、その30%は党を超えてヒラリー支持へと動きつつあります。もはや二大政党政治は崩れており、日本人が知る「米国式システム」は崩壊しているのです。

まず、ヒラリー陣営に勤める友人の話では、追い上げていると言われるサンダースは話題にも上らず、対トランプ戦略に必死です。トランプは豊富な資金力を持ち(本人の資産+富豪コーク兄弟等のバックアップ)、いよいよ本戦に向けて、大キャンペーンを繰り広げています。

一方、資金調達能力が高いヒラリーも応戦していますが、どうやら、トランプ陣営の資金力にたいして劣勢で、急遽ファンドレイジングを強化しており、ついに、日本の政治家や財界人にもその協力要請が求められるようになりましたが、まったく応えている様子がありません。そして、窮地に立つこのヒラリーのファンドレイジングに、全面的に協力しているのが中国です。

僕から見て、日本だけがアメリカでロビーをやらなさ過ぎるように思います。100出来ることがあるのに、日本がやっているのは、0.001ぐらいなのではないででしょうか。

それもそのはず、本メールマガジンで何度もお伝えしていますように、日本は共和党の旧勢力とべったりで、米国の民主党関係者、例えばオバマ大統領とも近しくなろうとはしません。2016年の米国大統領戦で共和党の旧勢力の支持を受けているのはマルコ・ルビオだけで、ルビオが大統領にならなければ、日米関係はいまより大きく悪化するのは間違いありません。現在でも世界で日本だけが間違った相手に頭を下げて、勝手にひどい目にあっていますが、これがますます続くことになります。またヒラリーは、TPPに真っ向から反対しており、この数週間の日本政府と日銀の為替介入について、公的に大きく批判しています。

印刷する

人気のオススメ記事

  • どっちが勝っても日本は絶望。米大統領選「トランプ対ヒラリー」の悲劇
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  •  まぐまぐニュース!・編集部だより・ちょい見せまぐ!・英語のまぐ!他、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

    公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

  • ついでに読みたい