韓国、中国の逆鱗に触れ「AIIB」の副総裁のポストを外される

fun0715
 

昨年9月、西側諸国から唯一、朴槿恵大統領が北京で行われた抗日戦勝70周年記念式典に出席するなど、その蜜月ぶりが注目を集めた中韓関係ですが、ここに来て中国サイドが態度を硬化させていることが明らかになりました。メルマガ『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』によると、AIIB副総裁を務めていた韓国産業銀行会長がポストを追われ、韓国がすさまじい狼狽を見せているとのこと。中国が豹変した裏には何があるのでしょうか。

【韓国】中国の不機嫌にビクビクの韓国

韓国、AIIB副総裁ポスト失う ミサイル配備決定で中国の報復との臆測も

韓国はAIIBの創設メンバーとして副総裁のポストを獲得していましたが、就任からわずか4カ月でそれを失うことになりました。韓国産業銀行会長の洪起沢氏は今年2月、AIIBのリスク担当副総裁(CRO)に就任しましたが、6月27日に突然6カ月間の休職を申し出たとのことです。

表向きは大宇造船企業の粉飾事件にからみ、韓国産業銀行の会長時代に同社の放漫経営を放置してきたことが問題視され、経営モラルを問われたということですが、辞任には中国の強い意向が働いたといいます。

中国インフラ銀、韓国出身の副総裁更迭か 放漫経営放置の責任?

しかも韓国は後任の副総裁のポストも得られず、7月8日にはCROの地位は局長級に降格、そして新副総裁の座はフランスにさらわれてしまいました。韓国はAIIBに4兆ウォンも出資しているのに、中国がささいな難癖で韓国の副総裁のポストを消滅させたことは「裏切りだ」として、大騒ぎになっています。

韓経:【社説】ささいな難癖で韓国持分のAIIB副総裁を廃止した中国

こうした中国の嫌がらせの裏側には韓国がTHAAD高高度ミサイル防衛システムの配置を決定したことにあるとも言われています。韓国国防省と在韓米軍は7月8日、THAADの在韓米軍配備を正式に決定したと発表しました。これに対して、中国からは強い拒否反応が出ています。

「韓中関係はこんなものだったのか」…THAAD配置で沸き立つ中国世論(1)

中国の環球時報などは、「THAAD配置を積極的に推進した韓国政界要人の中国入国を制限し、彼らの家族の企業を制裁しなければならない。彼らと二度と経済関係、往来をせず、中国市場進出を認めてはならない」とまで主張しているということですから、韓国がAIIBの副総裁を失った背景にこの問題があったと考えるのは自然です。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 韓国、中国の逆鱗に触れ「AIIB」の副総裁のポストを外される
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい