ブックオフ、深刻な赤字転落。日本の「古本屋」はもうダメなのか?

4539884733_475a2e6e97_b
 

電子書籍の普及やオークションサイトの利用者が増加したことにともない、中古本の買い取り業者などは逆風にさらされています。そんななか、上場以来初の赤字を計上した「ブックオフ」が立て直しを図るために動き出しました。今回の無料メルマガ『MBAが教える企業分析』で、詳しく紹介されています。

生産性と回転力

2016年3月期に04年の上場以来、初めての赤字を計上し、立て直しを図っている企業を分析します。(最後にまとめ解説もあります)

ブックオフ(リユースショップ)

◆戦略分析

 

0831_mba1

■戦場・競合

・戦場(顧客視点での自社の事業領域):古本屋からリユースショップへ転換中

・競合(お客様の選択肢):Amazon、ヤフオク、ハードオフなど

・状況:中古本市場は縮小傾向にあるようです。

■強み(古本事業)

1.気軽に入れる

・立ち読みOK
・コンビニのような存在
・店内は明るく清潔感がある

2.行くたびに新しい発見がある

・本を選ぶ楽しさがある
・買取した商品はその日に陳列

3.中古だけどキレイ

・書籍研磨機で削り、特殊洗浄液でキレイに拭いてから陳列

⇒上記の強みを支えるコア・コンピタンス

★独自のオペレーションシステムと人材育成の仕組み

・買取時のシンプルな査定や販売時の値付けの負荷軽減などにより、オペレーションの単純化を実現

・独自のキャリアパスプランにより、各スタッフがそれぞれの能力に応じた目標に対して、何をがんばればいいかが明確

→上記のようにオペレーションの単純化とスタッフの強化による高い労働生産性があるからこそ強みを実現できているといえます。

■顧客ターゲット

・新書にこだわらない本好きな方、中古品への抵抗感が低い方
・ものを捨てたくない人、捨てるのはもったいないと思う人

印刷する

人気のオススメ記事

  • ブックオフ、深刻な赤字転落。日本の「古本屋」はもうダメなのか?
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  •  まぐまぐニュース!・編集部だより・ちょい見せまぐ!・英語のまぐ!他、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

    公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

  • ついでに読みたい