【宇宙ヤバい】NASA重大発表の内容を出席メンバーから予想してみた

20160914115913 copy
 
NASAが2月22日(日本時間の23日未明)に「太陽系外惑星についての新たな発見」についての記者会見を開くことをご存知でしょうか? 今まで数々のNASA発表の内容を的中させてきた、メルマガ『クマムシ博士のむしマガ』の著者で自身もNASAに所属していた経験を持つクマムシ博士こと堀川大樹さんによると、今回の発表は「地球外生命」に関連したものではないかと、大胆な予想を立てています。はたして、この予想は的中するのでしょうか?
 
※ネタバレ注意! 記者会見で発表された最新情報はこちらの記事から!

NASAの「太陽系外の惑星に関する発見」を予想する

NASAは2017年2月22日(日本時間は23日未明)、「太陽系外惑星についての新たな発見」について記者会見を開催すると公式サイトでアナウンスした。

 

 

系外惑星について何かしらの発見

私、クマムシ博士はこれまでに「ヒ素をDNAに取り込む細菌」や「火星表面に液体の水」、そして2016年には「エウロパの間欠泉」など、NASA発表の予想を的中させてきた。このイベントは恒例になりつつあり、NASAが会見をアナウンスすると、現役のNASA職員からも予想について聞かれるようになった。

 

 

NASAからの系外惑星に関する何らかの発表が、アメリカ東部時間水曜日13時(日本時間木曜3時)にあるそうです!

僕の予想:系外惑星トランジット時のスペクトル分析から、惑星大気に酸素が見つかった!@horikawad どうでしょう?

ちなみに、小野さんのようにNASA内部の人だからといって、今回の会見内容を知っているわけではない。NASAにはセンターがいくつもあり、同じセンター内でも部署や専門分野が異なれば、発見内容を知る由もない。私も以前NASAに所属していたが、今回の件については、もちろん何も知らされていない。

さて、今回の発見は「太陽系外の惑星」、いわゆる「系外惑星」に関するものであることが、NASA公式サイトで明示されている。実は、2016年にも系外惑星について同様の記者会見が開かれ、このときは1000を超える多数の系外惑星が認定された、という内容の発表だった。

多数の系外惑星はどのように認定されたか(クマムシ博士のむしブロ)

しばしばNASAの記者会見アナウンスでは、「ヒ素細菌」のときのように「重大な発見」など、その重要性を強調する形容詞がつけられるが、今回はそのような大げさな感じはない。また、前回の「エウロパ間欠泉」のように、わざわざ記者会見するのかわからないような、科学的インパクトがそれほど大きくない成果を発表することもある。

ただ、今回は科学誌Natureに発表する研究成果ということで、科学的インパクトはそれなりに大きくセクシーな内容と思われる。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 【宇宙ヤバい】NASA重大発表の内容を出席メンバーから予想してみた
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  •  まぐまぐニュース!・編集部だより・ちょい見せまぐ!・英語のまぐ!他、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

    公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

  • ついでに読みたい