そして、みんな消えた。大都市ニューヨークから人間が消滅した日

2017.03.11
164
by erihiro(まぐまぐ編集部)
10 -Desert in New York - Times Square - Thanksgiving 2016 © Genaro Bardy
 
フランス人写真家のGenaro Bardyさんがはじめた写真プロジェクト「Desert in the City」が話題です。これは、世界の大都市を舞台に、その都市の人や車など、誰もいない瞬間を撮影するというプロジェクトです。「誰もいないニューヨーク」が映し出されています。

人も車も消えた。誰もいないニューヨーク

23 -Desert in New York - Grand Central - Thanksgiving 2016 © Genaro Bardy

普段は大勢の乗客で賑わう「グランド・セントラル」

Genaroさんはこれまで2014年クリスマスのパリ、2015年クリスマスのロンドンなど、街から人が少なくなるホリデー期間の大都市で撮影をおこなってきました。

その後、クラウドファンディング「Kickstarter」を通じて、資金を集めながら「Desert in the City」プロジェクトのスタート。2016年の感謝祭の時期にニューヨーク、同年クリスマスの時期のローマといった2大都市で撮影をおこない、「誰いない大都市の写真撮影に成功しています。

中でも、注目すべきはプロジェクト第3弾のニューヨーク人口約850万人を抱えるアメリカ最大の都市ニューヨークですが、彼が撮った写真を見ると、「これが本当にあのニューヨークなの?」と疑ってしまうほど、人も車も誰もいない静寂に包まれた街に変身しています。

11 -Desert in New York - Times Square - Thanksgiving 2016 © Genaro Bardy

タイムズスクエア

ブルックリン橋から撮影されたマンハッタン

 
09 -Desert in New York - Flatiron - Thanksgiving 2016 © Genaro Bardy

マンハッタンのど真ん中

02 -Desert in New York - One World Trade Center - Thanksgiving 2016 © Genaro Bardy

同時多発テロ事件の跡地『1ワールドトレードセンター」

 
03 -Desert in New York - Wall Street - Thanksgiving 2016 © Genaro Bardy

ウォール街

  

ブルックリン橋

 
12 -Desert in New York - Cenral Park - Thanksgiving 2016 © Genaro Bardy

セントラルパーク

13 -Desert in New York - Central Park - Thanksgiving 2016 © Genaro Bardy

高層ビルとセントラルパーク

15 -Desert in New York - Apple Store on 5th - Thanksgiving 2016 © Genaro Bardy

5thの「アップルストア」

どうですか? ニューヨークとは思えないですよね?

このプロジェクトのきっかけは意外にも”ハリケーン”から。
「以前から、美しい都市のポートレートの写真シリーズを作り出す方法を探していました。そんなとき、2011年にあったハリケーン・アイリーンが起きるちょうど前に、ニューヨークの写真撮影をしたのですが、その時に道は誰もいなくて、”空のマンハッタン“という不思議な光景をみる機会がありました」とGanaroさん。

「ネットにその写真を投稿したら、反応がすごくて、国内のメディアなどに取り上げられたんです。そこでこのプロジェクトを続けようと、2015年のロンドンでの撮影からスタート。ニューヨークの撮影はかなり大変でした。でも、感謝祭ならきっと人があまりいないだろうと思って、その日に撮影を決めました」。 

19 -Desert in New York - Grand Central - Thanksgiving 2016 © Genaro Bardy

グランドセントラル前

大都市ニューヨークを選んだ理由をこう話します。
「ニューヨークはもともとこのアイデアの起源。『眠らない都市』と呼ばれる街に挑戦してみるのは、やりがいがあると思いました。このプロジェクトのために毎晩毎晩歩き回りました。夜の11時から朝の6時半頃まで。とてもチャレンジで、疲れましたが…。そして、1週間歩き回って、どこを撮るかを決めたんです。ほとんどの写真は一晩で撮りました。とても素晴らしい体験でしたね。だって人、車、誰もいない場所で過ごせるなんて、貴重ですからね」。
Desert in New York Locations map

撮影場所のロケーションマップ

特に午後11時から午前3時までは車が通らない20〜30秒を探すのは、かなり難しかったとのことですが、午前4時には、街から人が消え、マジカルアワーへ
Genaroさんが最も苦戦したという「タイムズスクエア」や、「アップルストア」、「グランドセントラル」なども撮影されています。

NYの観光名所「タイムズスクエア」

通常のタイムズスクエアと比較してみると、こんなに違う!

観光客や地元の人で大にぎわいの「タイムズスクエア」

image by: Wikipedia
 
08 -Desert in New York - Flatiron - Thanksgiving 2016 © Genaro Bardy
 そんなGenaroさんの次のターゲットを聞いてみました。
次の都市は東京。絶えず人が多い都市ですし、アイコニックシティなので、プロジェクトにはパーフェクト!」と、次回のプロジェクトは24時間眠らない東京で撮影をおこなうよう予定だそうです。
Genaroさんが撮る”静寂の東京”をぜひみてみたいですね!
 

Genaro Bardy 

パリを拠点とした写真家。これまでに旅行会社、ブランド、アーティストなど様々な分野で活躍中。現在、Kickstarterのプロジェクト詳細はこちら
公式サイト / Facebook / Instagram

 
 
 
image by: © Genaro Bardy
取材・文 / MAG2 NEWS編集部
この記事が気に入ったら、シェアする
 
 
印刷する

人気のオススメ記事

  • そして、みんな消えた。大都市ニューヨークから人間が消滅した日
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい