森友学園問題、参議院の議事録に記録されていた「安倍総理の動揺」

takano20170313
 

突然の小学校設置認可申請の取り下げで、強引に幕引きが図られた感もある森友学園問題。はたして本当に安倍首相夫妻は、同学園を巡り巷間語られているような口利き等の「不正」には関与していないのでしょうか。そんな国民の疑問を首相にぶつけたのが民進党の福山哲郎議員。メルマガ『高野孟のTHE JOURNAL』では、3月7日の参議院予算委員会で繰り広げられたやり取りの議事録全文を掲載しています。冒頭、福山議員が「総理夫妻は被害者かもしれない」としているのにもかかわらず、必要以上に自らの関わりを否定するなど、動揺を隠しきれない安倍首相。テレビ等で映像をご覧になった方も多いと思われますが、そのまま掲載された議事録からも様々なことが読み取れます(注:太字は編集部によるものです)。

森友学園疑惑でほとんど錯乱状態の安倍首相──福山哲郎議員とのやりとりの全文

3月7日参議院予算委員会で民進党の福山哲郎議員の森友学園疑惑についての質問が昭恵夫人のこの件への関わりに及ぶと、安倍晋三首相はほとんど錯乱に近い興奮状態に陥って、最後は段々何を言っているか分からない有様となり、山本一太委員長から3度も「総理、簡潔にまとめてください」と注意され、福山からも「何をそんなむきになっているんですか」と皮肉られたほどだった。以下、参議院が公表している議事録(未定稿)のその部分を解説抜きでそのまま紹介する。

○福山哲郎君

そして、総理、私本当は御家族のこととか言いたいタイプではないんですけど、総理が関わっていないという、昭恵夫人も関わっていない、ひょっとしたら被害者なのかもしれない。私もそのようにも考えたいと思います。許認可が始まる直前に名誉校長に就任を受諾をして、寄附金集めには、安倍昭恵夫人が名誉校長だとか、さらには講演に来られているかとか、そういう話も出るはずです。

そして、これ大阪の財務局の立場でいえば、安倍昭恵夫人が名誉校長に就任している小学校を、手続ができないからといって先送りなんかして開校を延長したら、それは昭恵夫人に恥かかせたのか安倍総理に恥をかかせたのか、近畿財務局だって財務省だってそんたくするでしょう、それは。私的か公人かなんて関係ないんですよ、私人か公人かなんて。そして、その日に、名誉校長に就任された日に安倍総理は本当は講演の予定だった。

だから、安倍昭恵夫人が講演されたのは安倍総理の代わりです。誰が見たって、ああ、昭恵夫人が名誉校長をやって、安倍総理も講演に来るところだったんだなと役所はみんな考えますよ。そこを延期するとか、そんなことしたら総理に恥かかせることになる、そういうことを状況としてつくったこと自身が問題なんじゃないですか。だから、こういう不透明な手続が積み重なるんですよ。総理、いかがですか。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 森友学園問題、参議院の議事録に記録されていた「安倍総理の動揺」
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  •  まぐまぐニュース!・編集部だより・ちょい見せまぐ!・英語のまぐ!他、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

    公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

  • ついでに読みたい