ドンキ4K「ジェネリックREGZA」は買い?デジタルライターが分析

dsc_0154__1_ (1)
 

6月15日に発売されるや否や、わずか1週間で初回生産分の3000台が完売したというドン・キホーテの「4K対応 50V型液晶テレビ」 。メルマガ『旬刊!ブログで言えない家電の話【神原サリーとゆかいな仲間たち】』の著者のひとりでデジタルライターの岡安学さんは、この製品がいわゆる格安のサードブランドから出た「安かろう悪かろう」な新商品と同等なのかどうか、メルマガ内で分析しています。

ドン・キホーテの4KテレビはジェネリックREGZA?

先日、ドン・キホーテより50V型の4K液晶テレビがなんと5万4800円で発売されると発表されました。

スクリーンショット 2017-06-26 16.35.24

UPQ(アップ・キュー)の例もあるので、まあ安かろう悪かろうの類かと思われましたが、なんと東芝映像ソリューションが開発したメインボードを採用しているとのこと。さらに動きの速いゲームでも快適に遊べるゲームモード的なものも入っているとのことで、これも東芝の技術なのではないでしょうか。

また、UPQ4Kディスプレイはあくまでもディスプレイであるため、テレビチューナーは入っていませんでしたが、ドン・キホーテ4Kテレビは、テレビであるので、地上/BS/110度CSデジタルのチューナーを2基搭載しています。UIや番組表などもREGZAで使われているものをそのまま使っているようで、まさにジェネリックREGZAと呼んで差し支えないものだと思われます。

さすがに現行のREGZAのメインボードを使っているわけではなく、前モデルのものを使っているようですが、それでもREGZAの安心感は得られると思います。もしREGZAとして販売するにしても、1世代前のREGZAとなると、やはり旧モデルの印象となりますが、ドン・キホーテから発売されるとなると、格安のサードブランドから出た新商品的な印象にもなると思います。

印刷する

人気のオススメ記事

  • ドンキ4K「ジェネリックREGZA」は買い?デジタルライターが分析
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  •  まぐまぐニュース!・編集部だより・ちょい見せまぐ!・英語のまぐ!他、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

    公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

  • ついでに読みたい