白木屋モンテローザの業績が急激に悪化。「鳥貴族」旋風が追い打ち

tempo20170731
 

「白木屋」「魚民」「笑笑」などで知られる居酒屋チェーン「モンテローザ」が、ここに来て急激に傾き始めています。今回の無料メルマガ『店舗経営者の繁盛店講座|小売業・飲食店・サービス業』では、著者で店舗経営コンサルタントの佐藤昌司さんが同社の問題点を探るとともに、復活のカギを握る焼き鳥居酒屋業態について解説しています。

「白木屋」などを展開するモンテローザが27%の減収で業績悪化。店舗数が激減

「白木屋」「魚民」「笑笑」などを運営する居酒屋大手モンテローザの業績が急激に悪化しています。

同社の決算公告によると、2017年3月期決算の売上高は前年比27.0%減の1,039億円、本業の儲けを示す営業損益は7億円の赤字(前年同期は37億円の黒字)、最終的な儲けを示す純損益は120億円の赤字(同8億円の赤字)となりました。純損益は3期連続の赤字です。危機的な状況です。

monteroza_sales

グループの店舗数は激減しています。同社のウェブサイトや採用サイトで公表の店舗数を確認したところ、16年12月末には2,119店ありましたが、17年1月末には2,044店、同2月末で2,017店、同3月末で2,015店となり、3カ月だけで約100店減少しました。店舗数の減少と業績の悪化がリンクしている状況です。

そしてその後も減少し、同4月末で1,968店にまで減っています。わずか4カ月で約150店が減少している状況です。

monteroza_stores

モンテローザは1975年に創業しました。93年に100店に達し、02年には1,000店を達成しました。そして、13年に2,000店を突破しています。確認できるところでは、14年7月末で2,121店、15年8月末で2,171店、16年3月末で2,136店となっています。

店舗数の推移を見てみると、14年7月末以降から16年12月末までは概ね2,100店台で推移していることがわかります。このように近年の店舗数は横ばいで推移していたため、同期間の売上高も横ばいで推移していました。モンテローザの売上高は12年3月期から16年3月期までは概ね1,400億円台で推移しています。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 白木屋モンテローザの業績が急激に悪化。「鳥貴族」旋風が追い打ち
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  •  まぐまぐニュース!・編集部だより・ちょい見せまぐ!・英語のまぐ!他、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

    公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

  • ついでに読みたい