なぜ北朝鮮とアメリカはいつまでも「対話」を行わないのか?

スクリーンショット 2017-09-17 21.20.29
 

先日、国連安保理が全会一致で採択した新たな対北制裁決議に関して、人民や軍の一部から「日本列島を核爆弾で海に沈める」との声もあがったという北朝鮮。9月15日の早朝には、またも北海道上空を通過する弾道ミサイルを発射し、日米韓への挑発行為繰り返しています。無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』の著者で国際関係研究者の北野幸伯さんは、北朝鮮の挑発行為の真意を明かし、なぜ北と米国は挑発を繰り返すだけで本格的な対話の場を持たないのか、その理由を解説しています。

ところで、北朝鮮と「対話」すると、何が問題なの???

皆さんご存知のように、北朝鮮は8月29日、北海道上空を通過する弾道ミサイルを発射した。9月3日、核実験を行った。これに対し国連安保理は9月11日、新制裁決議を全会一致で採択しました。北朝鮮は、これにブチ切れ、「日本を核で沈める!」と宣言しています。

北朝鮮が「核で沈める」と日本を威嚇-「言語道断」と菅官房長官

ブルームバーグ 9/14(木)11:37配信

北朝鮮が核兵器を使用して日本列島を沈めるとの声明を発表した。核・ミサイル開発による東アジアの緊張をさらに高めることになり、日本政府は反発している。

朝鮮中央通信(KCNA)は14日、

「日本列島は核爆弾により海に沈められなければならない。日本はもはやわが国の近くに存在する必要はない」とする北朝鮮の朝鮮アジア太平洋平和委員会による報道官声明を伝えた。

「日本列島は核爆弾により海に沈められなければならない」だそうです。こういうのを、「墓穴を掘る」というのですね。哀れです。そして、15日、またミサイルを発射しました。

ところで、「対北朝鮮政策」には、大きく三つの方向性があります。一つ目は、「戦争」。これは、多くの犠牲者が出る。「韓国人は、最低100万人は死ぬ」といわれています。それで、アメリカの歴代大統領も、決断できなかった。

二つ目は、「国連安保理を通じ、制裁を強化していくこと」。私は、これを支持しています。「緩衝国家・北朝鮮」を守りたい中国、ロシアが、抵抗する。しかし、北が、安保理を無視してバンバン挑発を繰り返すので、中ロも守りきれなくなっている。それで、制裁が徐々に強化されてきています。

三つ目は、「北朝鮮と対話すること」です。「平和を希求する日本人」だと、「対話すればいいのに」と考える人も多いのではないでしょうか? 正直いうと、私も「対話すればいい」と思います。しかし、やるなら、「アメリカ、韓国と一緒」でなければならない

印刷する

人気のオススメ記事

  • なぜ北朝鮮とアメリカはいつまでも「対話」を行わないのか?
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  •  まぐまぐニュース!・編集部だより・ちょい見せまぐ!・英語のまぐ!他、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

    公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

  • ついでに読みたい