ただのお喋りなら他でやれ。商品を売るために必要な雑談のススメ

shutterstock_490622203
 

顧客との会話を通して互いの距離を縮め信頼を得る―、そういった意味で「雑談力」は多くのビジネスパーソンにとって重要なスキルですよね。無料メルマガ『販売力向上講座メールマガジン』の著者である坂本りゅういちさんは、その「雑談の仕方」を勘違いしている人が多いと指摘した上で、「正しい雑談のススメ」を記しています。

雑談は繋げる

販売員にとって、雑談力は大事なスキルと言えるでしょう。お客様と他愛のない会話をして、お互いの距離感を縮め、信頼を得ていく。そうすることで、オススメする商品やお伝えする情報の信頼性も増していきます。

ただ、販売における雑談を勘違いしている販売員もいます。「どういう意味?」と感じる人は、もしかすると、販売における雑談をただの会話だと勘違いしているかもしれません。

雑談とは、とりとめのない会話といった意味があります。しかし、販売における雑談とは、井戸端会議ではありません。必ずそのあとに、繋げることを頭に入れておかなければいけないのです。繋げる先は、商品だったり、ニーズやウォンツだったり、お客様の情報だったりします。

例えば、あなたが、どこかのアパレルショップで販売員をやっていたとしましょう。お客様と雑談をしようと思って、昨日食べたご飯の話や最近見たテレビの話をしています。そのまま会話が続いて、10分ほどが経過しました。そろそろ、商品の話をしようと思い、「ところで、今日は何を探してるんですか?」なんて聞いていたとしたら、これは本当にただの雑談です。販売現場でやるようなことではなく、別の場所で時間を取ってやったほうがいいでしょう。

印刷する

人気のオススメ記事

  • ただのお喋りなら他でやれ。商品を売るために必要な雑談のススメ
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  •  まぐまぐニュース!・編集部だより・ちょい見せまぐ!・英語のまぐ!他、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

    公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

  • ついでに読みたい