何を今さら。内定辞退率が過去最高64.6%で焦り始めた日本企業

河合薫 オワハラ
 

今、日本の企業の多くが人員不足に悩んでいると言われています。その原因の一つが「内定辞退」。一体なぜこのような状況になるまで対策をしてこなかったのでしょうか。メルマガ『デキる男は尻がイイ-河合薫の『社会の窓』』の著者にして米国育ちの元ANA国際線CA、元お天気キャスターという健康社会学者の河合薫さんは、「日本は若者の雇用問題に関して後進国レベル」とした上で、今すぐにでも変えていくべき政府・企業側の反省点を指摘しています。

ニッポンは若者の雇用問題後進国!?

内定辞退率過去最高の64.6%(10月時点)」ーー。

昨日、ネットを中心にかなり話題になっていましたが、「ナニを今さら慌ててるねん!」と秒速で私の脳内のサルは反応。一方で、大手メディアは相変わらずの反応を繰り返しました。

「空前の売り手市場」、「企業は特に中小の新卒確保が一段と厳しくなっている」、「企業が例年より内定を多めに出した結果、2社以上から内定を得た学生が増え、辞退率が上がった」(by リクルートキャリア)、「複数の内定を得た人が企業を絞った」、「1社だけの人が入社を望まず内定を断って就活を続けたりして起きたとみられる」
……etc etc

いったいこの国の“メディア人”は、いつまで思考停止を繰り返すのか。

誰かひとり(あるいは一社)くらい、「そりゃあそうなるでしょ? 今までな~んにも対策してこなかったんだからさ」と就活のあり方に苦言を呈して欲しかったです。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 何を今さら。内定辞退率が過去最高64.6%で焦り始めた日本企業
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  •  まぐまぐニュース!・編集部だより・ちょい見せまぐ!・英語のまぐ!他、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

    公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

  • ついでに読みたい