日本人は縄文時代から器用で繊細でハイセンスだったことが判明

2017.12.04
521
by gyouza(まぐまぐ編集部)
DQFlq0lVoAACwgm
 

芸術家の岡本太郎さん(故人)が「発見」したことで知られる、縄文時代に作られた「縄文式土器」の美しさと芸術性。

その縄文時代の晩期に関東地方周辺で作られたという、土器と同じ土製の「耳飾り」が、あまりにも繊細で造形的に優美だと話題になっています。

画像とコメントを投稿したのは、ツイッターユーザーの、酒上小琴【サケノウエノコゴト】さん(@raizou5th)。

どれだけ美しい耳飾りなのか、まずは当該ツイートを早速ご覧ください。

 

 

本当に美しい。。これ、本当に土? あの荒々しい縄文時代のものなの? 日本人の手先の器用さと美的感覚の原点を見たような気がしますね。

このツイートは現在、7千以上のRT、1万以上のいいね!がついています。

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 日本人は縄文時代から器用で繊細でハイセンスだったことが判明
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい