中国は米国を経済侵略している。来日したトランプ元側近が衝撃発言

 

中国は、アメリカを操ることができる

今回新刊を書くにあたって、私は米中関係の過去をいろいろ調べてみました。そして、その関係の深さに驚きました。簡単に振り返ってみましょう。

1970年代初め、米中は接近を開始。理由は、「ソ連が米中共通の敵」と認識されたこと。キッシンジャーは、この時点で、米中は「事実上の同盟関係になった」と断言しています。1980年代、鄧小平は、アメリカから、経済発展に必要なノウハウ、技術を無制限で受け取ることに成功。しかし、1989年の天安門事件と、共通の敵ソ連崩壊で米中関係は危機に陥ります。

中国がアメリカの政治を思い通りに動かせるようになったのは90年代からです。まず、1993年、いわゆる「クリントン・クーデター」が起こった。クリントンは就任時、見かけ非常に「反中」でした。そこで中国は、ルービンさん、サマーズさん(共に、後財務長官になった)を取り込んで、クリントンの政策を180度転換させることにしたのです。そして、それは大成功しました。

トランプも、今年1月に大統領になったとき、非常に反中でした。彼は去年の12月、台湾の蔡総統と電話会談し、世界を仰天させています。しかしその後、中国の工作ですっかり懐柔されてしまった。今ではトランプさん、「私は習近平が大好きだ!」と公言してはばかりません。

バノンさんは、「アメリカは、中国の属国だ!」と主張している。私も、「中国は、(イスラエルを超えて)世界一アメリカの政治に影響を及ぼせる国である」という結論に達しました。

image by: Flickr

北野幸伯この著者の記事一覧

日本のエリートがこっそり読んでいる秘伝のメルマガ。驚愕の予測的中率に、問合わせが殺到中。わけのわからない世界情勢を、世界一わかりやすく解説しています。まぐまぐ殿堂入り!まぐまぐ大賞2015年・総合大賞一位の実力!

無料メルマガ好評配信中

この記事が気に入ったら
登録!しよう
『 ロシア政治経済ジャーナル 』

【著者】 北野幸伯 【発行周期】 不定期

印刷する

人気のオススメ記事

  • 中国は米国を経済侵略している。来日したトランプ元側近が衝撃発言
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい