腕時計から余計なブランドロゴを排して成功した「スラント」の発想力

mba20180117
 

腕時計に当たり前のように入っているブランドのロゴ。ロレックスやフランク・ミュラーなど、高級腕時計のステイタスだから絶対に必要という人がいる一方、デザイン的にいらないと思っている人もいるのではないでしょうか。今回の無料メルマガ『MBAが教える企業分析』では著者でMBAホルダーの青山烈士さんが、そんな部分に着眼し、腕時計の価値を高めることに成功したオーダーメイド腕時計メーカー「スラント」の戦略・戦術を分析しています。

オーダーメイドの価値

オーダーメイド腕時計で話題の企業を分析します。

スラント(オーダーメイド腕時計の製造・販売)

戦略ショートストーリー

腕時計で自己表現したい方をターゲットに「純粋にデザイン組合せを楽しんでもらいたいという姿勢」に支えられた「自分の好きなデザインにできる」等の強みで差別化しています。

自分の好きなデザインで自由にカスタマイズするという楽しさをムービークリップなどを通して訴求することで、顧客から支持を得ています。

■ 分析のポイント

オーダーメイドの価値

オーダーメイドでつくることの大きな価値のひとつは自分に合った世界に唯一のものを身に着けることができるということでしょう。

スラントが特徴的なのは、オーダーメイドとはいえ、顧客自身がデザインしたものに、企業のロゴが入っていることを顧客はどう思うか、という疑問を持った着眼点です。その企業(ロゴ)が好きで購入される方もいるでしょうが、企業のロゴが入っていることで、その企業のものという印象がぬぐえないのも確かです。

スラントの考えとして、SLANTの腕時計は顧客がデザインしたものと位置付けています。つまり、顧客がデザインした腕時計は顧客に帰属するということ、顧客のものであるということです。だからこそ、スラントは、自己表現の道具である腕時計にはロゴは不要と判断したわけですね。

腕時計ブランドでは、自社のロゴを入れるのが当たり前だと思いますが、スラントは、その当たり前に疑問を持ったところがすごいと思います。

そして、スラントが提供しているオーダーメイドの価値としてあげられるのが、デザインを楽しめるということです。スラントのウェブサイト(デザインスタジオ)ではインデックス(文字盤数字)の形、針の形、針の色など、細かいところまで選ぶことができます。言い換えると非常に自由度が高いということです。だからこそ、自由にデザインできる、デザインを楽しめるわけですね。

スラントは、設立が2017年5月と非常に若い会社ですが、今後、どのように成長していくのか注目したいです。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 腕時計から余計なブランドロゴを排して成功した「スラント」の発想力
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい