あえて言おう。安倍総理の韓国・五輪出席は「戦略的」に正しいと

kitano20180125
 

「慰安婦合意見直し」を示唆した韓国・文在寅大統領に対して憤る日本人の声も多く聞かれる中、「平昌冬季五輪」の開会式に出席する意向を表明した安倍総理。この決断により、総理への世間の風当たりが強まることが予想されますが、無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』の著者で国際政治に詳しい北野幸伯さんは、「日本の真の国益のためには正しい判断」との見方を示しています。その論拠はどこにあるのでしょうか。

安倍総理の平昌五輪開会式出席は「戦略的」に正しいのか???

今、私の目の前に、『嫌われる勇気』という本があります。なぜ、私はその本を見ているのでしょうか? そう、私には今、「嫌われる勇気」が必要だからです。日本の真の国益のために、大多数の意見と正反対のことを書かなければならない。今回は、まさにそんな話。皆さん、この話、もうご存知でしょう。

安倍首相発言全文=平昌開会式出席

時事 1/24(水)10:38配信

 

安倍晋三首相が24日午前、自身の平昌冬季五輪開会式への出席に関し、首相官邸で記者団に語った発言の全文は次の通り。

 

事情が許せば、平昌五輪開幕式に出席したい。2020年に東京五輪がある。同じアジアで開催される平昌五輪の開幕式に行き、選手団を激励したい。同時に(文在寅韓国大統領と)首脳会談を行い、日韓の慰安婦合意について日本の立場をしっかりと伝えていきたい。北朝鮮の脅威に対応していくために、日韓米でしっかりと連携していく必要性、最大限まで高めた(対北朝鮮)圧力を維持していく必要性について伝えていきたい。

つまり、安倍総理は、「平昌五輪の開会式に出席する」と言っているのです。これ、おそらく日本人の90%以上は反対でしょう。なぜ? そう、韓国は遠慮なく「慰安婦合意見直しを要求しているからです。私自身も、この話を聞くたび、胃が痛みますし、胸も痛くなります。だから、安倍総理に対し、「ふざけるな!」と言いたい人の気持ちもわかる。

しかし、私は、「裏で起こっていること」を知っていますので、「戦略的視点」からお話せざるを得ません。何でしょうか?

印刷する

人気のオススメ記事

  • あえて言おう。安倍総理の韓国・五輪出席は「戦略的」に正しいと
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  •  まぐまぐニュース!・編集部だより・ちょい見せまぐ!・英語のまぐ!他、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

    公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

  • ついでに読みたい