日本人は定額で働かせ放題へ? 裁量労働制にあるホントの問題

働き方革命 河合薫
 

かねてから「政府が主導する、定額働かせ放題プラン「残業ゼロ法案」の危険性」の記事などで政府主導の「働き方改革」に関連した法案の危険性について訴えてきたメルマガ『デキる男は尻がイイ-河合薫の『社会の窓』』の著者で健康社会学者の河合薫さん。今回は、安倍総理の的外れな発言が議論を呼んだ「裁量労働制のデータ問題」について、「もっと論じるべきはほかのところにある」とした上で、懸念点を具体的にあげ、考察しています。

※本記事は有料メルマガ『デキる男は尻がイイ-河合薫の『社会の窓』』2018年2月21日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

プロフィール:河合薫(かわい・かおる)
健康社会学者(Ph.D.,保健学)、気象予報士。東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(Ph.D)。ANA国際線CAを経たのち、気象予報士として「ニュースステーション」などに出演。2007年に博士号(Ph.D)取得後は、産業ストレスを専門に調査研究を進めている。主な著書に、同メルマガの連載を元にした『他人をバカにしたがる男たち』(日経プレミアムシリーズ)など多数。

裁量労働制問題のホントの問題

裁量労働制をめぐる調査データ問題に関するゴタゴタが続いています。

簡単に振り返っておくと、問題となったのは1月29日の衆院予算委員会で、「裁量労働制の拡大は長時間労働を助長し、過労死を増やしかねない」と追及する野党議員に、「裁量労働制で働く方の労働時間は平均的な方で比べれば一般労働者よりも短いというデータもあると安倍首相が反論したことが発端でした。

その後、首相が答弁の根拠にしたデータは一般的な平均値ではなく実際の労働時間でもない。比較対象の一般労働者のデータにも様々な不備が見つかり、撤回し謝罪

19日には厚労省が、「一般労働者と裁量制で働く人の労働時間を異なる条件で比較し不適切なデータを作成していた」と公表しました。

“異なる条件”と言えば聞こえはいいですが、

  • 「1ヶ月で最も長く働いた日の残業時間」(一般労働者)
  • 「1日の平均的な労働時間」(裁量制の労働者)

というぶっちゃけ全く違う質問のデータだったのです。

さらにデータ一には、1日の残業が「45時間」などと誤って記された例が少なくとも3件あった。

しかも、今回問題になった比較データは27年3月の民主党(当時)の厚生労働部門会議に初めて示され、その後も塩崎恭久前厚労相や今年1月の安倍首相の国会答弁で使われてきたとのこと。

要するに、

「どうする? なんかデータ出せってさ。なんかない?」

「オッ。これどうだ?」

「いいね!」

「でも、質問違うし……」

「モーマンタイ!だって、どっちもさ、働いてる時間を聞いているわけだし~~」

「そうだな!おお、これにしよう!だいたいさ、裁量労働制ってちゃんと“みなし残業代”込みで賃金払ってるし、だいたい裁量制なんだから労働時間とか関係ないだろ」

「だね。飲み放題で飲むのと、普通で飲むととどっちが飲むか?って聞いてるみたいなもんだしね」

「ん? なんだかよくわかんないけど、ま、いいよ。平均平均。平均出せばいんだよ!」

といった具合に、その場しのぎのノリで作られたデータがず~っと使われてきてしまったのです。(注:上記のやりとりは私の妄想です)

ったく…。どうなっているんでしょ。この国のお偉い方たちは。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 日本人は定額で働かせ放題へ? 裁量労働制にあるホントの問題
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい