安倍政権vs愛媛県、「加計学園」ウソをついているのはどっちだ?

arata20180412
 

様々な疑惑が取り沙汰されながら、今月開校した加計孝太郎氏が理事長を務める岡山理科大学獣医学部。しかしここに来て愛媛県職員の記録文書を朝日新聞がスクープ、これまで安倍首相が繰り返してきた疑惑への「答弁」の信憑性が一気に揺らぐ事態となっています。元全国紙社会部記者の新 恭さんは自身のメルマガ『国家権力&メディア一刀両断』で、それでもごまかしにもならない答弁を繰り返す首相の姿勢に疑問を呈するとともに、愛媛県の文書が事実に反するのならば官邸は県知事に抗議すべきではないかと指摘しています。

「総理のご意向」を推進した官邸、内閣府の経産省トリオ

安倍首相はしょっちゅう加計孝太郎氏とゴルフをしながらも、親友の長年の夢だった獣医学部新設について話をしたことがないと強弁する。

だが、4月10日付朝日新聞、一面トップのスクープ記事に掲載された愛媛県職員の記録文書は、その首相発言が真っ赤な嘘であることを示す動かぬ証拠といえよう。

この文書から、2015年4月、安倍首相の秘書官が、愛媛県、今治市、加計学園の担当者と官邸内で会い、獣医学部新設への道筋を指南していたことが明確にわかる。中村時広・愛媛県知事は、この文書の存在を認めている

安倍首相の“腹心の友”が開設した大学獣医学部。昭恵夫人が深く関わった森友学園の小学校新設計画。政府が特例的に対応したどちらの“事件”にも、安倍首相の意向を汲んで秘書官が動いた形跡がある。

森友学園問題では、昭恵夫人の“秘書役”谷査恵子氏を経産省から送り込んだ政務担当総理秘書官、今井尚哉氏が疑惑解明のカギを握っている。

加計学園についても、政治的判断が必要な案件である以上、今井氏がからんでいるのは間違いないが、オモテに名前が出ているのは2015年当時の事務担当総理秘書官、柳瀬唯夫氏である。

15年4月2日、柳瀬秘書官が加計学園関係者と愛媛県、今治市の担当者を官邸に呼び、何ごとかを話し合ったことは、今治市の出張記録でも明らかだった。週刊朝日は今治市関係者の以下のコメントを伝えていた。

面会の後、今治市では「ついにやった」とお祝いムードでした。普通…国会議員が同行しても、課長にすら会えない。それが「官邸に来てくれ」と言われ、安倍首相の名代である秘書官に会えた。…「絶対に誘致できる」「さすがは加計さんだ、総理にも話ができるんだ』と盛り上がった…」
(週刊朝日2017年8月4日号より)

しかし、当の柳瀬氏は国会で隠し事をするさいの常套句「記憶にないを連発していた。面談での具体的な発言内容も報じられていなかった。それだけに、今回の朝日の記事は衝撃的だった。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 安倍政権vs愛媛県、「加計学園」ウソをついているのはどっちだ?
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい