妊娠出産時に心ない言葉を浴びせる夫の本音は「怖い、逃げたい」

shutterstock_140177479
 

熟年離婚の引き金にもなるという「産後クライシス」。出産時の夫の言動に妻は傷つき、夫に不満がつのる…そんな状況を打破するのは「夫の気持ちを知る」ことだと夫婦再生カウンセラーの一色桐紫子さんは言います。メルマガ『夫婦再生の黄金律』では、ご自身の夫から聞いた「夫の気持ち」を詳しく紹介しています。

妻の妊娠出産…そのとき、夫の「気持ち」は

夫婦再生カウンセラーの、ローレンこと、一色桐紫子です。

産後クライシス』かなりの反響です。

お産の前後に、自分が我慢した感情思い出してあげること。

そして、人間として成長した、今の自分その思いを受け取ってあげること。

私自身、お産をした年齢は、23歳と25歳。二人の娘は、もうその年齢を越えています。

自分の娘の気持ちだと思って、感じてあげる、受け取ってあげる。

じゃあ、息子がいたとしたら、

あのお産の時の主人は、今の息子よりも若いということ。

へえ~、そうかぁ~。

そのときの夫たちの気持ちも、ちょっと感じてみませんか?

男の気持ち、男の本音。

強さを良しとして生きてきた男たちは、なかなか感じることができない、そして表現することができない、同じ大きさの弱さ。

痛みとか、血を見ることに関しては、女性のほうが強いですよね。

男にも、強さ弱さ同じ大きさだけある

男にも、挑むエネルギーと、逃げるエネルギーが同じ大きさだけある。

そのことを本当に理解した、私の夫が聴かせてくれた、男の本音。

まずは、妻が妊娠した時点から、怖いと感じるそうです。妻のおなかの中に、まったく得体のしれない(失礼よね!)新しい生き物がいる。

そして妻のおなかが大きくなるにつれて、その違和感大きくなっていく

自分の子供だと、頭ではわかっていても、私たち女性が、「私の赤ちゃん」と自然に感じられる感覚は、持てないのです。

体感できないのだから、仕方ないことですよね。

10か月、私の赤ちゃん! と体感し続けるからこそ、耐えられるあの陣痛。

それが夫たちにはまったくないということ。

そして始まる妻の陣痛。

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • 妊娠出産時に心ない言葉を浴びせる夫の本音は「怖い、逃げたい」
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい