なぜ中国は南シナ海を重視するのか。軍事アナリストが解説

shutterstock_118498696
 

中国があれだけ南シナ海にこだわるのは、水深のある東部海域に弾道ミサイル原潜を潜ませやすいからーー。こんな説が聞かれますが、メルマガ『NEWSを疑え!』の著者で軍事アナリストの小川和久さんは、「鵜呑みにしてはいけない」と言います。なぜなのでしょうか?

中国が南シナ海を重視する理由を整理しよう

南シナ海での中国の動向について、テレビ番組の短い時間に説明しようとしても、言い尽くせないことばかりで欲求不満が募ります。

専門家の立場から、中国は対米安定路線に舵を切っていると説明しても、その部分を時系列の表にでもしない限りは、納得してもらえないようです。

むろん、このメルマガの読者の皆さんにはおわかりのことばかりですが、基礎知識のない人にテレビを通じて話すというのは、やはり疲れます(笑)。

その南シナ海ですが、中国が埋め立てて3,000メートル級の滑走路を建設したファイアリークロス礁の役割に関連して、米国の対潜水艦部隊を排除するための戦闘機の拠点化という見方があります。

これに関連して、南シナ海東部には中国が核弾頭搭載の弾道ミサイル原潜を海中に遊弋(ゆうよく)させておくのに適した海域があり、ファイアリークロス礁から発進する中国戦闘機はその上空を守り、中国の弾道ミサイル原潜が米国側に探知・追尾されたり、攻撃される事態にならないよう、にらみをきかせるのが任務という解説もあります。

いずれも、その通りです。弾道ミサイル原潜の役割は、専門的には報復核戦力と言います。例えば米国が中国を核攻撃したいと考えても、核攻撃が行われた瞬間に、海中に潜んでいて居場所をつかみにくく、簡単には発射を阻止できない弾道ミサイル原潜から報復の核ミサイルが米国の主要目標に向けて発射されるのがわかっていたら、米国も核攻撃に踏み切れません。中国としての核抑止力が働いているということになります。

その意味で、南シナ海は岩礁の埋め立てが進められた海域も、そして弾道ミサイル原潜をパトロールさせようとしている東部の海域も、軍事的重要性という意味では一体のものなのです。

そこで、1つだけ整理をしておきたいことがあります。南シナ海東部は平均水深が3,500メートルもの海域があり、それゆえに弾道ミサイル原潜が潜むのに適しているという説ですが、これを鵜呑みにしてはいけません。

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • なぜ中国は南シナ海を重視するのか。軍事アナリストが解説
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい