世界のバレンタインデー事情と、海外の「ぼっち」の反応

2016.02.11
165
by erihiro(まぐまぐ編集部)
shutterstock_162573713 copy
 

2月14日、聖バレンタインデーの発祥はローマ帝国だそうですが、現代では“世界各地で男女の愛を誓い合う日”になったそうです(ウィキペディア調べ)。しかし、必ずしも“恋人たちの日”だけではありません。英デイリーメールオンラインでは各国のバレンタインの祝い方を紹介、もちろん日本も含まれていますよ。

世界は広かった。各国のバレンタイン事情

(1)日本

日本のバレンタインデーは女性が男性を甘やかす日です。

女性が男性にチョコをあげます。男性の意思表示を期待しながら。

…海外目線で説明されると、なんだか日本女性の健気なイメージが伝わってきますね。

(2)韓国

韓国にとって2月14日は12回ある“愛の日”の中の1日です(毎月14日がカップルの日だからその中の1つという感覚らしいです)。

女性が男性にギフトをあげます。

男性からのお返しを期待しながら、1ヶ月後のホワイトデーを待ちます。

もしギフトのお返しがなければ、ひとりぼっちのホワイトデーを通称ブラックヌードルと呼ばれる暗黒のジンジャーヌードル”を食べながら祝うようです。

そのカップ麺をひとりで食べている姿を想像すると…なんだか怖いですね。

(3)スカンジナビア(デンマーク&ノルウェー)

男性が匿名で女性にポエムを送るそうです。

文章の最後には自分の名前の数だけドットを記します。

といってもイメージわかないので、下記の画像を参照してください。

800px-Gækkebrev_2

本当にドットが…

image by: Nillerdk via Wikimedia Commons

女性は誰が送り主かを当てると、その年のイースターにイースター・エッグを男性からもらえるそうです。

もしも間違った場合は、逆に女性が男性に卵をあげなければいけないらしいです。

卵がお返しなんて、ちょっと面白いですね。

(4)スロベニア

スロベニアでは、愛を探して裸足で歩く習慣があるそうです。

たとえ寒くても。

考えただけでも、ゾクゾクします。

とても変わってますね。

(5)エストニア

恋人や夫、パートナーにギフトを渡す代わりに、エストニアでは友情を祝うそうです。

これはグッドアイデア!

恋人がいなくても友達と一緒に祝えるなら寂しくないですね。

(6)ウェールズ

ウェールズ人は恋人に「ラブ・スプーン」なるものを渡すそうです。


Lovespoon2

image by: Wikipedia

これは”Spooning”(スプーンする)という新しい表現に絡めているそうです。

恋人同士が寝ている時に片方がもう片方を背後から抱くような形を、スプーンを重ね合わせる様子に見立てたようです。

もし嫌いな人からこのラブ・スプーンをもらったらゾッとしますね。

(7)フランス

みんなで声がけをしながら相手を探すらしいのですが、もし相手が見つからない場合に女性側は女同士で集まり、彼女たちを拒否したり、フッたりした男性の写真を燃やすんだそうです。

あまりにも乱暴なので、この習慣はフランス政府によってのちに禁止されました。

だってちょっと強烈すぎますもんね!

(8)中国

中国では恋人募集中の人がお寺に行って、愛を探す日だそうです。

人口が多いだけあって、お寺へ向かう人の群れが多すぎて混雑してそうですね。

(9)ドイツ

“Pig-out”といって、豚のように食べまくるのだそうです。

ドイツでは豚の象徴が花と伝統のギフトを合わせたものだそうで、幸運の意味があるそうです。

豚にそんな意味があったとは…トンと知りませんでした。

(10)イタリア

これは習慣というより提案。

もしあなたがローマにいるなら、このバレンタインデーの産みの親“セイント・バレンタイン”が眠る墓を訪れるのもいいかも。

そして、現代においてもみんながこのバレンタインを祝っていることに感謝しましょう。

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • 世界のバレンタインデー事情と、海外の「ぼっち」の反応
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい