なぜ日本の外交は信用されないのか? 外国人の目に映る「不誠実」行動

shutterstock_136458284
 

日本人は世界中の人々から「誠実」「親切」といった印象を持たれているにもかかわらず、肝心の外交ではそれがまったく生かされておらず、むしろ「信用出来ない」とまで受け取られている、とするのは無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』の著者・北野幸伯さん。なぜそのような事態に陥っているのでしょうか。昨今の安倍総理の言動から、日本の外交の問題点を探ります。

なぜ日本政府の外交は信用されないのか?

もう「大昔」といってもいいと思いますが。私と親友のYさんは、フィンランドの首都ヘルシンキの公園で、昼間からビールを飲んでいました。すると、ある女性がやってきて、「日本の方ですか?」とたずねます。私たちは、「そうです」と答えました。なんでも、その女性はカナダ人で、一緒にきた彼氏とはぐれてしまった。さらに悪いことに携帯電話をなくしてしまった。それで、私たちに「助けてほしい」と言うのです。

私たちは、もちろん助けることにしました。しかし、当時私たちがロシアで使っていた携帯電話は、フィンランドで使えなかったのです(大昔ですから)。仕方なく、その女性と一緒に、すでに数少なくなっていた公衆電話を探しまわりました。幸い、彼氏の電話番号は手帳に書いてあったので、無事連絡がつき、公園で待ち合わせすることになりました。

彼氏を待っている間、私たちはその女性に、「こんだけたくさん人がいるのに、なんで私たちのところにきたの?」と質問しました。するとその女性は、「日本に留学していたとき出会ったすべての人がとても親切だったから日本人なら必ず助けてもらえると思ったの」と言いました。私は、留学中の彼女に親切にしてくれた日本の皆さんに、心から感謝しました。彼女は、カナダに戻って、「日本人はみんな親切よ!」と勝手に宣伝してくれているのですから。

私もいろいろな国に行きましたが、どこにいっても「日本人の誠実さ」は知れわたっています。これだけだと、「だから自虐史観は捨てましょう」という話になるのですが…。しかし、残念ながら「日本政府の評判は、「イマイチ」なのです。

「不誠実」と認識される日本外交

毎度同じ話で恐縮ですが。2012年11月、中国は、モスクワで「反日統一共同戦線」形成をロシアと韓国に呼びかけました。必読証拠はこちら。

反日統一共同戦線を呼びかける中国

この戦略のポイントは、

  • 中国、韓国、ロシアで、「反日統一共同戦線」をつくろう!
  • 3国協力し、日本の「領土要求」を断念させよう。
  • 日本には、北方4島、竹島、「沖縄」の領有権はない!
  • 「アメリカ」を「反日統一共同戦線」にひきいれよう

この後、中国韓国は、日米を分断すべく、大々的な「反日プロパガンダ」を開始しました。日本は、「反日統一共同戦線」戦略を「無力化」すべく、「アメリカとの関係強化が最優先課題になったのです。

その後、日米中関係は二転三転するのですが、2015年3月から4月にかけて、日本は大きな勝利をしました。

まず3月、「AIIB事件」が起こった。日本以外のすべての親米国家が、アメリカを裏切り、中国側についた。しかし、日本は「AIIB不参加」を表明し、アメリカの完全没落を食い止めたのです。

4月、安倍総理は、「希望の同盟演説」を行い、アメリカ議員たちを泣かせます。オバマさんも大喜びし、「日米関係がこれほど強固だったことはかつてなかった!」とツイートしました。日本は中国の戦略を完全粉砕することに成功したのです。ところが…。

「希望の同盟演説」で力を得たアメリカは、翌5月から中国バッシングを本格化させていきます。具体的には、2013年から始まっていた中国による「南シナ海埋め立て」を突如問題視し始めた。両国関係は急速に悪化し、「米中軍事衝突」を懸念する声も聞かれるようになってきました。

この時、「希望の同盟国」日本は、何をやっていたのか? そう、二階さんが3,000人を率いて訪中し、中国と和解していたのです!!! これ、オバマさんは、どう思うでしょうか?

「ああ、やっぱり日本は信用できない。シンゾーの『希望の同盟』演説を喜び、信じた俺がバカだった。キッシンジャーが、『ジャップは最悪の裏切り者』と言っていたが、本当だった…」

となるでしょう??? 安倍総理は、「歴史的勝利」を、わずか1か月で失ったのです。逆に、アメリカから信用できない奴と警戒されることになりました。

print
いま読まれてます

  • なぜ日本の外交は信用されないのか? 外国人の目に映る「不誠実」行動
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け