レスポンシブの次はアダプティブ? 新・3大「Webデザイントレンド」

Rawpixel/ShutterstockRawpixel/Shutterstock
 

デザインのイロハを初心者にもわかりやすく教えてくれる、人気のメルマガ『プロが教える「美大いらずのデザイン講座」』。最新号では、スマホの普及で複雑化が進むWebデザインのトレンドを理解するための3つのキーワードについて、詳細にレクチャーしています。

モバイルファーストから探る現在のWebトレンド

どうもkeloです。如何お過ごしでしょうか。少し久しぶりになってしまったかもしれませんね。どうもすいません。

今回は、最近のWebデザインのトレンドを掴むために、大切な3つのポイントについて書かせてもらいます。

ご存知のようにインターネットの世界の流れは、本当に早いですよね。日々何かしら変わっていることさえ気が付かなかったりしますが、この3つはそれなりに重要なキーワードなんでしっかりと理解していきましょう。

1. モバイルファースト
2. レスポンシブWebデザイン
3. アダプティブデザイン

この3つの言葉の関係性として、1の「モバイルファースト」というコンセプトが、2・3の「レスポンシブWebデザイン」や「アダプティブデザイン」という考え方の根幹を支えているコンセプトである、という図式になりますが、それぞれの言葉の本当の意味や根本的なコンセプトを理解しないと、いきなり関連性と言われてもわからないかと思いますので、ひとつひとつご説明させて頂きますね。

1.モバイルファースト

「モバイルファースト」は、2009年にルーク・ウロブルスキー氏(Luke Wroblewski、以下ルーク氏)によって提唱されたコンセプトで、グーグルやアドビシステムズ、フェイスブックなどのカンファレンスでも紹介され、一気に認知が広がりました。

Webサイトの設計だけでなく、マーケテイングやコンテンツ設計などを、モバイル(スマホ)を起点にして始めるというもので、従来のようにPC向けのWebサイトやコンテンツから作り始めて、モバイル版を最後に考えるという「モバイルラスト」とは真逆の考え方です。

ただ「モバイルから作り始める」ということは、この考え方の一部分でしかなく、「モバイルファースト」の本質はもっと深いところにあるのです。

>>次ページ 「モバイルファースト」の真なる本質とは?

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR 「定年を前に、住宅ローンが…」そんな悩みを解決する画期的方法とは
    「定年を前に、住宅ローンが…」そんな悩みを解決する画期的方法とは
    (SBIエステートファイナンス)
  • レスポンシブの次はアダプティブ? 新・3大「Webデザイントレンド」
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい