島ごとアートで人気の「直島」が、世界の富裕層をしらけさせるワケ

 

直島は本州と結ばれていない島ですので、船で島に渡る必要があります。岡山から行く場合は宇野までいき、そこから港に向かって船で直島に渡るのですが、この間に英語の案内はほとんどありません。

今週、途中の乗り換え駅で「紙」に手書きした急ごしらえのポスターを見ましたので、少しづつよくはなっているのかもしれませんが、港は相変わらずで、チケットを買うのも大変です。

島唯一の大型ホテルであるベネッセハウスの観光客50%以上は海外からのゲストで、今年の4月には90%が海外ゲストだったのにもかかわらず、ほとんど英語のサインボードがないのは、異国情緒の混乱を体験する「アート」だと理解するとしても、富裕層とハンディキャッパーへの対応の悪さは、世界有数だと言わざるを得ません。

年間100万人を超える悪名名高いギリシャのサントリーニ島のタクシーは39台しか走っていませんが、年間35万人に近い観光客を抱える直島のタクシーは、驚くべきことに1台しかないのです。しかも、貸切になってしまうことが頻繁で、世界的な富裕層(時には国賓待遇)が来島しても、公共バスで島を回るしかありません。

また、もしベネッセハウスにお昼につき、ランチを食べようとしても、館内に食事の提供はなく、ルームサービスもありません。街に出ようとしてもタクシーはなく、運が悪くバスが行ったばかりであれば1時間以上次のバスを待つ必要があり、ランチの時間内にはたどり着けません。

僕がかつて同行したことがある方は、「いくらでも払うから食事を出せ!」と早々に怒り出した挙句、夕食は1万円を超えるフレンチのフルコース以外の選択はなく、時差ぼけによる体調不良で軽く食べたいと思っても他に選択肢がないのです。

そして、世界に誇る建築と美術館で、これほど酷いハンディキャッパーへの対応の場所を、僕は知りません。

直島のひとつひとつのプロジェクトやアートそのものは素晴らしいのですが(特にモネ関連とタレル全般)、結果的に大切なゲストを憤慨させる世界的にも珍しい場所だと思います。

近年、DJIのファントムやアップルのiPhoneの内部部品のほとんどが良質な日本製であるのにもかかわらず、トータルで良い製品を作ることができない日本企業の問題と直島は、とてもよく似ていると感じます。

今回の来島で3度めですが、年々良くなっている点と、さらに悪くなっている点があるのは、いまだに誰も俯瞰的に見る人がいないことの証です。ですので、僕は日本の観光業の方にお会いするたびに、まるでリトマス試験紙のように直島の評価を尋ねることにしているのです。

きっとこの島では、今後大きな問題が起きるでしょう。それは、「教育」をビジネスにしているベネッセという企業そのものの問題、そして日本の教育システムそのものの問題なのかもしれません。

image by: Flickr

『高城未来研究所「Future Report」』より一部抜粋

著者/高城剛(作家/クリエイティブ・ディレクター)
1964年生まれ。現在、コミュニケーション戦略と次世代テクノロジーを専門に、創造産業全般にわたって活躍。毎週2通に渡るメルマガは、注目ガジェットや海外移住のヒント、マクロビの始め方や読者の質問に懇切丁寧に答えるQ&Aコーナーなど「今知りたいこと」を網羅する。
≪無料サンプルはこちら≫

 

黒本 弐

 高城剛のメルマガQ&Aを一気読み

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR GWの10連休で日本市場はどうなる?年末の暴落危機は再び訪れるのか
    GWの10連休で日本市場はどうなる?年末の暴落危機は再び訪れるのか
    (株式会社新生ジャパン投資)
  • 島ごとアートで人気の「直島」が、世界の富裕層をしらけさせるワケ
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい