いすゞ自動車も進出。日本経済の鍵を握る「親日国」とは何処か?

shutterstock_226041613
 

アパレル、自動車、家電メーカーなどを中心に様々な企業が海外へ進出していますが、その進出先である中国や東南アジアなどの経済状況が芳しくありません。そんな中で注目されているのが、中央アジアのウズベキスタン。無料メルマガ『ジャーナリスト嶌信彦「時代を読む」』では、急成長するこの国の魅力、そして日本企業進出の可能性について探っています。

日本企業も注目するウズベキスタンの急成長

本日は、近年注目が高まるウズベキスタンについてお話したい。私はウズベキスタンと関係が深く、実は先週も日本とウズベキスタンのエコテクノロジーに関するシンポジウムに参加する為ウズベキスタンを訪問したばかり。8月には国際交流基金が中央アジア5カ国に文化使節団を出そうという計画もあり、このところ中央アジアが注目されている。今回のシンポジウム開催もその一環だと思う。

中央アジアは昔ものすごく遠い国のように感じられていたが、10年後には中央アジア5カ国の総人口は1億人位を見込まれ、マーケットとしても非常に有力な地域と目を付けている企業も多いようだ。

一時忘れ去られるも…

ウズベキスタンはアジアの中央に位置し、ローマと長安を結ぶシルクロードの交易路。有名な都市としてサマルカンド、タシケントを有するオアシス国家。東西の文物を交流することで発展し、16世紀までは世界の中心であった。しかしながら16、17世紀に大航海時代に突入すると、徐々に忘れ去られていった。さらに19、20世紀に飛行機、スペース(宇宙)の時代となり、さらにそれが加速した。しかしながら、近年中国が一帯一路」を打ち出し、新たなシルクロードを作ろうということから再び注目されはじめた。

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR 儲からない、続かない…はもう卒業。タイプを活かして副業成功へ
    儲からない、続かない…はもう卒業。タイプを活かして副業成功へ
    (副業アカデミー)
  • いすゞ自動車も進出。日本経済の鍵を握る「親日国」とは何処か?
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい