5秒後にクスッとくる。外国人をニヤリとさせるジョーク集

 

Microsoftで働く作家 

There was once a young man who, in his youth, professed his desire to become a great writer.

When asked to define “great” he said,
“I want to write stuff that the whole world will read, stuff that people will react to on a truly emotional level, stuff that will make them scream, cry, howl in pain and anger!”

He now works for Microsoft, writing error messages.

若い時代に一度、立派な作家になろうと志した青年がいました。

「立派な」という意味を彼に尋ねると、彼は、「世界中が読んでくれて、感情的に、苦しみや怒りで、怒り声、叫び声をあげるような物」を書きたいということだった。

彼は、今、マイクロソフトで働き、エラーメッセージを書いている。

 

いかがだったでしょうか? ジョークを言うときはくれぐれもTPOをわきまえてね。

ジョークで英語レッスン

ネイティブがつくったジョークに対訳のついた楽しく学べる英語学習マガジン。息抜きと勉強をかねて英語を磨きましょう。構えて勉強することがないので、長続きして、しっかり英語力がつきます!
メルマガ無料登録はこちらから>>

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • 5秒後にクスッとくる。外国人をニヤリとさせるジョーク集
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい