イギリスは3度裏切った。EU離脱で遂に米中にも見捨てられる

shutterstock_136458284
 

EU離脱問題でイギリスと各国との関係が早くも変わりつつあります。英国を自国とEUの仲介役にと考えていた中国からは「用なし」と見捨てられると読むのは、無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』の著者・北野幸伯さん。さらにはアメリカからも同様の扱いを受けるのではと見ています。

EU離脱でイギリスは、中国にも見捨てられる

前号では、「イギリスのEU離脱」について書きました。今回の話は、前号ととても関係があります。まだの方は、まずこちらからご一読ください。

英国のプライドが世界を狂わす。EUというドイツ第4帝国からの独立

この記事の中で、EU離脱の影響の一つについて、以下のように書きました。

外交面での打撃も避けられないでしょう。アメリカと「特別な関係にある」と言われるイギリスは、常にアメリカとEUの「仲介役」を行ってきました。アメリカは、イギリスを通し、EUの政策に影響を及ぼしてきた。しかし、イギリスがEUを離脱すれば、同国はEUへの影響力を失うでしょう。

 

では、アメリカはどうやってEUへの影響力を確保するのでしょうか? もちろん、EU最強国家ドイツやフランスと直接対話、交渉を行うようになるでしょう。イギリスは外され、国際的地位は大きく下がります。

そう、イギリスは、アメリカとEUの仲介役をやっていた。EUは、アメリカにとって重要なのですね。なぜでしょうか? 28か国からなるEUの経済力は世界の約4分の1を占めているからです。

ところで、上の話、少々修正というか補足する必要があります。実をいうと、イギリスは、アメリカとEUの仲介だけではなく、「もう一つの大国とEUの仲介もしてきた。「もう一つの大国」とは、中国です。

print
いま読まれてます

  • イギリスは3度裏切った。EU離脱で遂に米中にも見捨てられる
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け