宝くじの当選確率をごはん粒に例えると、大変分かりやすいことが判明

shutterstock_171555533
 

妻夫木聡さん、柳葉敏郎さんらのコミカルなCMでもおなじみの「ロト7」と「ロト6」。好きな数字を選ぶだけという手軽さから定期的に購入されている方も多いかと思いますが、なかなか当たらないものですよね…。はたして「当たりやすい数字」というのは存在するのでしょうか。無料メルマガ『1日1粒!「幸せのタネ」』では、1等が当たる確率をお茶碗の中の米粒に例えて検証しています。

やっぱり気になる宝くじ

以前、アメリカの宝くじで約408億円の高額当選者が出たとのニュースを見かけました。すごいですね、408億円。ただ、一度に受け取る場合には少なくなるなど、色々ルールがあるそうですが、とにかく数百億円のお金が一度にいきなりやってくるとなると、パニックになりそうです。

この宝くじは好きな番号を選んで買うタイプのもので、日本ではロト7やロト6などがそうですね。ロト7は1から37の数字の中から7つの数字を選ぶ宝くじです。

こういう「自分の好きな数字を選ぶ」となると、できるだけ当たりやすそうな数字を選びたくなりますね。では、

01,02,03,04,05,06,07
02,04,06,08,10,12,14

という感じで連続した数字や偶数ばかりというのと

01,04,09,12,18,23,34
02,06,13,19,27,32,37

という感じで、なんとなくバラバラにしてみたものとどちらが当たりやすいでしょうか?

印刷する

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • 宝くじの当選確率をごはん粒に例えると、大変分かりやすいことが判明
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい