トランプ対ヒラリー、なぜ米国はこんな「究極の選択」になったのか?

Trump_&_Clinton0801
 

7月28日、アメリカ大統領選の民主党候補ヒラリー・クリントン前国務長官が正式に大統領選出馬の指名を受諾しました。これで11月8日に予定されている本選は「トランプ氏 vs ヒラリー氏」となることが決定したわけですが、この二人の主張にはどのような違いがあるのでしょうか。「無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』の著者・北野幸伯さんがわかりやすく解説して下さっています。

トランプ対ヒラリー、戦いの構図は?

ヒラリーさんが、米民主党の正式な大統領候補になりました。

【米大統領選2016】クリントン氏、民主党指名を受諾 「一緒の方が強い」

BBC News7月29日(金)12時54分配信

 

米大統領選の民主党全国大会最終日の28日、ヒラリー・クリントン前国務長官(68)が、大統領候補としての指名を受諾し、「私たちは一緒の方が強い」と連帯と協力の重要性を強調した。

これで、長いアメリカ大統領選は、「共和党トランプ対民主党ヒラリー」の最終決戦になります。どっちが勝つのか、わかりません。「こっちが勝つ!」といえば、当たる確率は50%。外れる可能性も50%です。実際、両者の支持率は、現在同じなのですね。

どっちが勝つかわかりませんが、「どういう構図になっているのか?」は知ることができます。

print
  • PR 我が家のマンション、今どれくらい? 不動産のプロがオンラインで無料査定
    我が家のマンション、今どれくらい? 不動産のプロがオンラインで無料査定
    (PR:株式会社ウェイブダッシュ)

  • トランプ対ヒラリー、なぜ米国はこんな「究極の選択」になったのか?
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け