海外旅行で腹を下さないための予防策、医師がコッソリ教えます

 

抗菌薬は勧められない

では、予防のための薬剤はどうでしょうか。一般に、抗生物質はお勧めできません。副作用のリスクのほうが上回るからです。また、抗生物質の内服は重症化の可能性もある偽膜性腸炎のリスクもあります。

例外は、臓器移植後で免疫抑制剤内服中などの免疫不全患者などです。そのような病気を持つひとは担当医と相談したうえで抗菌薬の予防的内服を検討することも必要です。

下痢をきたす病原体向けのワクチンで勧められるのは腸チフス予防のワクチン接種です。これは、腸チフスの流行地である南アジアや東南アジアに渡航する場合には接種をお勧めします。

すでに発症した下痢に対しての治療には、脱水にならないように水分と電解質の摂取に努めましょう。ORSという医療機関で出される脱水補正専用飲料でもよいですが、手に入らないときは、フルーツジュースを水分で薄めたものでもよいでしょう。症状が持続する場合には、医療機関を受診し、便培養や検便検査などで原因病原体を特定して、必要な治療を受けることを勧めます。

文献

Barrett J, Brown M. Travellers’ diarrhoea. BMJ. 2016 Apr 19;353:i1937.

image by: Shutterstock.com:Kzenon

 

ドクター徳田安春この著者の記事一覧

世界最新の健康医学情報について、総合診療医師ドクター徳田安春がわかりやすく解説します。生活習慣病を予防するために健康生活スタイルを実行したい方や病気を克服したいという方へおすすめします。

有料メルマガ好評配信中

  無料サンプルはこちらから  

この記事が気に入ったら
登録!しよう
『 ドクター徳田安春の最新健康医学 』

【著者】 ドクター徳田安春 【月額】 初月無料!月額540円(税込) 【発行周期】 毎月 第1〜第4土曜日

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • 海外旅行で腹を下さないための予防策、医師がコッソリ教えます
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい